「いくら食べてもOK」は嘘だった!?フルーツに関する正しい知識

グルメ・レシピ

美容成分や食物繊維が豊富なフルーツ。

ダイエットがてら、朝ごはんにフルーツをたくさん食べるという方も多いようですが、「たくさん食べれば食べるほど体に良い」と思ってしまっていませんか?

間違った知識のままにフルーツを食べていると、逆に太りやすい体質になってしまうことも……。

正しいフルーツの食べ方やタイミングについて、チェックしてみましょう!

フルーツに関する正しい知識① 空腹時にフルーツを食べるのはOK?NG?

朝、起きがけにフルーツを食べる方も多いのですが、血糖値が上がるので、注意が必要です。

血糖値を上げて、パワフルに活動できるようエネルギー補給したい方にとっては良いのですが、糖尿病家系の方などにはおすすめできません。

フルーツだけでなく、チーズなどのタンパク質と一緒に摂り、血糖値を安定させましょう。

フルーツに関する正しい知識② 食後にフルーツを食べるのはNG?

通常の食事は、2〜4時間ほどかけて胃から腸へと届いていきますが、フルーツの場合は30分〜40分ほどで腸へと届き、体のエネルギーへと代わっていきます。

つまり、フルーツは胃の中の滞在時間が短く、消化の負担が少ない食べ物。

でも、ご飯やお肉を食べた後にフルーツを食べると、前の食品の消化が終わるまで胃で停滞することになり、フルーツを食べるメリットが台無しになってしまうのです。

空腹時にフルーツを食べると、短時間で胃への負担を少なくしながら、エネルギーチャージができます♪

フルーツに関する正しい知識③ フルーツはいくら食べても大丈夫?

フルーツは喉越しが良く、甘みや酸味が適度にあって美味しいので、いくらでも食べられますよね。

「朝はフルーツをたくさん食べよう」「フルーツはいくら食べても体に良い」という説がありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

フルーツには、"糖分"が含まれています。

加糖ジュースやお菓子に比べたら良質な糖分ではありますが、摂りすぎはカロリー過多に。

ダイエット中のフルーツは、適度な量に留めたいですね♪

フルーツに関する正しい知識④ 生で食べるのが一番?

最近流行りのフルーツジュース。ダイエットやデトックス目的で飲む方が増えています。

様々なフルーツや野菜が手軽に摂取できる点でも人気のフルーツジュース。飲むときには、濃縮還元ではないストレートタイプを選ぶとベター。

濃縮還元タイプは、栄養素が抜き取られ、糖分だけが濃縮されているものもあるからです。

また、ジュース以外の加工品にジャム、フルーツソースなどがありますが、これらの中にも甘味料や糖分がプラスされているケースがほとんど。

加工品と生食は、用途によって上手に使い分けましょう♡

フルーツに関する正しい知識、食べ方やタイミングについてご紹介しました。

間違った知識のままにフルーツを食べていると、太りやすい体質になってしまうこともあるので、今から改善していきましょう!

旬のフルーツを正しく選び、美味しく食べたいですね♡