自宅に1本置いておきたい!万能な「馬油」の魅力と使い方♪

美容

『馬油』を知っていますか?実はとっても優秀なんです♡
とにかく何にでも使えちゃうので、自宅に1本置いていて損はないですよ〜!

馬油の魅力と使い方①浸透力が高い!

馬油自体は、ねっとりとしたテクスチャーですが、手のひらに乗せると、体温ですぐにサラサラになります。

ほんのパールひと粒分で、顔全体によくのび、ふっくらとハリが出る気がします。浸透力がとても高いので、お風呂上がりの身体にささーっと伸ばすだけで、翌日までしっとり♡

浸透力の秘密は、馬セラミド。馬油と人間の皮脂は、とてもよく似ているんです。

この1本で、全身に使えるので、本当に便利。唇に塗ってラップを貼る使い方なら、リップパックにも♪肘や膝、かかとへの角質ケアにもぴったりです。また炎症作用や殺菌作用があるので、なんとやけどや、ニキビにも効果があるんです!

馬油の魅力と使い方②ヘアケアにも!

馬油は、体の保湿だけでなく、髪の毛に塗る使い方もいいんです♡

乾燥から守るために、毛先に塗ったり、乾燥によるフケを防ぐために、頭皮に塗ったり…。洗髪後の毛先に馬油を塗って乾かせば、毛先もしっとり!

カラーリングやパーマで傷めた、髪の毛のぱさつきや広がりにも効果があるので魅力的♪薬師堂”ソンバーユ”からは、シャンプー&弱酸性ヘアリンスのヘアケアシリーズも出ているので、ぜひチェックしてみて下さい。

ソンバーユ 馬油 シャンプー 400ml

¥2,160

販売サイトをチェック

馬油の魅力と使い方③ハンドケアにも!

なんとひび・あかぎれにも、馬油は効果があるんです!口に入っても安心の天然成分ですから、ハンドクリーム代わりに手に塗る使い方がオススメ♡

料理中って、水に触れる機会が多いので、ハンドクリームを塗るタイミングがありませんよね。たとえ塗ったとしても、ハンドクリームの成分が料理に入りそうで困ります。

そんな時に、魅力的な馬油を使ってみて下さい!まるで見えない手袋が、手を保護しているようです。馬油を塗ったあと、綿の手袋をし、ゴム手袋をしてお湯で食器洗いをする、スペシャルケアもおすすめ!

熱が加わることにより、馬油の浸透力UP。家事をしながら、ハンドケアができちゃいます!

馬油の魅力と使い方④赤ちゃんにも使える!

出典:sumabebi.com

赤ちゃんにも使える万能アイテム、馬油。

私は3人の子ども達の授乳時に、毎回お世話になりました♡初めての授乳で、パックリ切れてしまった乳首…。痛くて痛くて、母乳を断念したくなってしまうほど(泣)

そこで授乳をしていない時間は、乳首に薄く塗り、ラップパックをしていました。授乳のときは、ラップを外すだけ。食べてもいいとも言われている馬油ですから、赤ちゃんの口に入っても安心です!

またこれからの季節は、ほんの少しの馬油を手に伸ばし、子ども達の身体をマッサージしてあげる使い方も、いいですよね。

いかがでしたか?安価だけど、とっても万能な『馬油』。
赤ちゃんから大人まで、使えちゃいます!乾燥の冬に向けて、一家に1本あると、重宝しますよ♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。