赤ちゃんと一緒に新幹線!車内で快適に過ごすコツ

子育て・ライフスタイル

実家への帰省や旅行など、新幹線を使う機会はたくさん。
でも赤ちゃんと一緒は不安もたくさん……。
そんなママ達へ、快適に新幹線タイムを過ごすコツを教えます!

子連れの新幹線移動を快適にするコツ① 乗車駅のベビールームを使おう

引用:net.easy-estate.com

大きなターミナル駅には、新幹線専用の改札もありますが、そこはパス!ベビールームに行きやすい中央改札などを使いましょう。

色んな線にアクセスできるターミナルには、ベビールームがあります。不便に感じられていた品川駅にも、ベビールームができました!

駅に着いてお土産や買い物を済ませたら、あとはベビールームでオムツ替えや授乳をして、乗車に備えておきましょう。

子連れの新幹線移動を快適にするコツ② 多目的室を利用しよう!

意外と知られていないのが、新幹線内にある多目的室。身体の不自由な人や、赤ちゃんの授乳などに使うために、設置されています。

2人分の座席が設けられた小さな個室になっていて、そのままその部屋にとどまっていたくなってしまうほどの快適空間です。

車掌さんに言えば開けてもらう事ができるので、長時間の移動でも、安心して授乳することができるんですよ♫

子連れの新幹線移動を快適にするコツ③ オムツ替え可能なトイレを確認

引用:fmj-jp.info

新幹線内のトイレには、オムツ替え用の台が設置されたトイレがあります。

ある程度の月齢になれば、オムツ替えの回数も減りますが、月齢が小さな赤ちゃんのオムツ替え頻度は、びっくりするほどですよね。

列車によって設置されているトイレの車両が違うので、切符を買う際に、「オムツ替え用の台が設置されているトイレの近くを希望」と伝えましょう。

子連れの新幹線移動を快適にするコツ④ 早めの予約で便利な車両をゲット!

引用:xn--qevscu6ywve.chips.jp

②③で書いた、多目的室・オムツ替え用の台が設置されているトイレ。この2つが揃っている、ママに優しい車両が必ずあります。

私が利用する事が多い東海道新幹線は、11号車と12号車の間に揃っているので、この2車両が、マスト!!

デッキも他の車両間より広々としているので、ぐずった赤ちゃんをあやしにや、寝かしつけでゆらゆらしに来るママがよくいるんです。

赤ちゃんだけではなく、お子様連れがいる確率が高い車両なので、周りの人の理解も得られます。なので早めにこの車両をgetするのがオススメです!!

このコツさえしっかりおさえておけば、不安な赤ちゃんとの新幹線も楽々快適!
私は初めての子連れの新幹線移動は、生後4ヶ月の娘と二人きりでしたが、どうしようとうろたえることなく過ごせました。
同じように初めてのママや、多目的室を相席したママとお話ししたり、楽しく新幹線移動ができましたよ♫