夫が早く帰りたくなる♡"居心地の良い家庭"をつくるコツ&NG行動

子育て・ライフスタイル

イクメンという言葉が、当たり前のように使われるようになった、現代。

夫だけでなく、妻にとって、また家族みんなにとっても、家庭は安らぎの場でありたいですよね。

夫が帰りたくなる幸せな家庭を維持するためのコツや心得をご紹介します。

あなたはいくつ、できていますか?

夫が帰りたくなる家庭づくりの心得①「温かく受け入れる姿勢を大切に」

人間関係の基本は、相手を思いやる気持ちと理解する姿勢。

仕事先から疲れて帰ってきた夫に対して、「お疲れさま」「いつもありがとう」という気持ちを込めて温かく迎え入れることは、家庭作りの基本と言えそうです。

互いを受け入れ、認め合える夫婦となるよう、日頃から相手の立場に立って物ごとを考える癖をつけましょう。

夫が帰りたくなる家庭づくりの心得②美味しい手料理は何よりものご馳走

夫が早く家に帰りたくなるような家庭作りに欠かせないのは、「食べたい!」と思わせる美味しい手料理。

難しくて、手間のかかる料理を作ることが正解なのではありません。

心を込めて、夫の好きなものや、体調を気遣ったご飯を作ってあげればいいのです。

外食が続けば、体に負担がかかりますし、味に飽きてしまうこともありますよね。

自宅では、「温かく美味しい状態で食べさせてあげよう!」という気持ちを持ち続けましょう♡

夫が帰りたくなる家庭づくりの心得③子どもや家族との時間を楽しく過ごそう

「可愛い子どもが待っている!」

そんな気持ちが、家に早く帰ろうという原動力になることも♡

だからこそ、夫が子どもとのコミュニケーションをスムーズに取れるよう、サポートすることが必要です。

子どもの行動は、親の行動に影響を受けるもの。

「パパは、私たち家族のために、一生懸命働いてくれているんだよ。」などと言い聞かせ、子どもが「パパ大好き!」と思えるような言動を心がけましょう。

夫が帰りたくなる家庭づくりの心得④こんな言動はNG!

夫の言葉に傷ついてしまうことがあるように、妻の何気なく放った一言が、夫の家庭での居心地を悪くしてしまうことがあります。

互いに相手を思いやる関係を続けることが大切なので、次のような言動はNGです。

・同じことを繰り返し注意する

・家事優先で話をきちんと聞かない

・夫に「空気を読んで欲しい」という態度を示す

・女友達との会話のようにだらだらと話す

良い夫婦関係を続け、幸せな家庭を築くためには、コミュニケーションはとても大切です。

ないがしろにされていると感じれば、家庭での居心地が悪くなってしまいます。NG行動には、くれぐれも注意しましょう。

夫が帰りたくなる家庭作りのために気をつけたいポイントをご紹介しました。

家庭円満は、夫の協力なくしては成り立ちませんが、それを誘導するのも妻の手腕。

夫や家族みんなが早く家に帰りたくなる、そんな笑顔あふれる家庭を目指しましょう♪