備えあれば憂いなし!備えておきたい《防災アイテム》の基本を確認☆

Baby&Kids / Life style

地震に洪水……最近では恐ろしい災害も頻繁に起こり、ニュースなどで痛ましい様子が放映されています。
ただ、「自分の所は大丈夫!」なんて思えないのが今の日本。全国どこにいたって、いつどんな災害が起こってしまうかはわかりません。
そこで大切なのが、もし災害が起きた時にきちんとした準備が出来ているかいないか。
小さなお子様をお持ちの方なら尚更!しっかりとした対策をしておくべきです。
今回は、そんな非常事態に備えた防災アイテムについてご紹介します。

― 広告 ―
牧村麻美
牧村麻美
2015.09.27

防災アイテムの基本① 防災セットはどんなものが良い?

出典:www.amazon.co.jp

最近では、ホームセンターやネットなどでも、防災アイテムをセットでまとめたものが売り出されています。
コンパクトなものから、何万円もするものまでバリエーションも様々。
そのため、どんなものを買えば良いか迷われる方も多いと思います。

しかし、防災セットに正解はありません。
もしもの時にならないと現状はわからない上、各家庭によって家族構成や年齢も様々。
住んでいる場所が木造かコンクリートか、1階なのか高層階なのかによっても変わってくるんです。

そこでまず防災セットを購入する前に、1度自分の家庭の環境や家族について考えてみましょう。
必要なアイテムをリストに書き出してみるとわかりやすいですよ(^^)

防災アイテムの基本② 優先順位を考える

実際に必要な防災アイテムを揃える上で、優先順位が大切になります。

基本の考え方として

① 命の危機に陥るリスクを回避出来る防災アイテム。

② 住んでいる家にいられない状況になった場合、避難を手助けしてくれる防災アイテム。

③ 避難所などに長期間過ごさねばならなくなった場合、健康を守ってくれる防災アイテム。

④ 避難所の生活を快適に過ごせるようにしてくれる防災アイテム。

また、これらの防災アイテムに加えて、小さなお子様がいらっしゃる方は子供のアイテムも優先的に用意しておきましょう。
オムツはもちろん、乳幼児がいらっしゃる家庭では粉ミルクやお水を多めに用意。

ただ、これだけの物を用意しておくとなると、収納するスペースが必要となりますよね。
実際に「家が狭いから」「物を置くスペースが無いから」と言って諦めているご家庭もあるのではないでしょうか?

しかし、スペースが無いなら作る!
家族を大切にするのであれば、何としてでも用意しておくべき防災アイテム達ですよ!

防災アイテムの基本③ すぐに持ち出せるものも用意

もしもの時にすぐに家を飛び出さなければならない時、さっと一緒に持ち運べる災害バッグも大切です。

また玄関などは柱もしっかりとしている上、出る際にも取り出しやすいので、玄関近くに災害バッグを置いておくのがオススメです。
車の中にもう一つ入れておいても良いですね。

一般的にはリュック型がオススメ。
子供を抱き抱えても、リュックでしたら手を塞ぐこともないからです。

また、市販のリュック型の災害バッグには様々なタイプがありますが、もしもの時にとあれこれ入った大きなサイズを選ぶよりは、基本的なアイテムが入ったものをチョイスしましょう。
その際、子供用のアイテムなどは後から付け足すのがベスト。

無駄なグッズの入った重い荷物は、体力を無駄に消耗してしまうことになります。

さらに一般的なアイテム以外の、子供向けグッズでのオススメは

・オムツ
・おしり拭き
・着替え
・バスタオル
・粉ミルク
・市販の離乳食
・おやつ
・冷えピタ
・おもちゃ、絵本
・ホッカイロ
・爪切り
・健康保険証のコピー、母子手帳のコピー

などになります。

防災アイテムの基本④ 家族で話しておくことが大切

もしもの時には、長期間に渡って携帯電話などが使えなくなってしまう事もあります。

その場合はしばらくの間、避難した場所から移動する事も困難になることでしょう。
ただでさえ心細い中、家族の安否がわからない状態なんて事を避ける為にも、日頃から家族で災害時について話し合っておくことが大切。

「何かあった時は、ここに集合する」「ここであれば安心だ」という場所を、あらかじめきちんとチェック。
地域の避難場所に、子供と一緒に1度行ってみる事も大切ですよ!

最終的に家族が集まれる場所を、きちんと子供にも伝えておきましょう(^^)

いかがでしょう?
もしもの時の為にしっかりと準備しておきたい防災の基本。
またアイテムを揃えたからと言って安心せず、数年おきにこまめにチェックしておく事も大切。
常備しておいたお水も、気付いた時には期限が切れていたなんて事もあります。段ボールの脇に、期限を記載しておくとわかりやすいですよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

― 広告 ―