離乳食が始まったら食べよう!子どもの脳に良い食材をご紹介♬

子育て・ライフスタイル

人間の脳は、生後12カ月から3歳までの間に、約3倍の大きさになるそうです。幼児の肥満も3歳で決まるとか!
そんな子どもの脳の成長を左右する1歳から3歳までの間に、脳を活性化する食材を多く摂りましょう♡

子どもの脳に良い食材① 大豆食品

引用:www.recipe-blog.jp

記憶力アップや自律神経の乱れにも良いと言われている【レシチン】。
このレシチンを多く含む食品が、納豆・豆腐・しょうゆ・お味噌などの大豆食品です。

子どもの離乳食が始まる5、6ヶ月頃の離乳食初期には、裏ごし豆腐や豆腐粥。
離乳食中期には、納豆ご飯・納豆おやきや納豆お素麺、そしてその後は、お味噌やお野菜の味噌炒めなどはいかがでしょうか?

大豆食品を食べて脳を活性化させ、記憶力や集中力をアップさせましょう♡

子どもの脳に良い食材② アボカド

引用:www.recipe-blog.jp

「森のバター」と呼ばれ、20種類以上のビタミンやミネラルが含まれているアボカド!
血液をサラサラにしたり、ダイエットに効果があるなど、女性にも嬉しい栄養素がたっぷりの食材ですよね♡
色んなカフェでも、アボカドを使ったメニューはいつも人気です。

そんなアボカドは、栄養価もとっても高いので乳幼児に最適!
脳機能と記憶力に作用し、脳を活性化してくれます。

オススメな食べ方は、アボカド粥・バナナと混ぜてお粥に、ヨーグルトに混ぜるのも◎
くれぐれも食べ過ぎには注意して下さいね。

子どもの脳に良い食材③ 小松菜

引用:www.recipe-blog.jp

7、8ヶ月検診の時に、お医者さんにも言われたことがあります。

子どもが生後5ヵ月を過ぎる頃までは、体内に貯蔵鉄があるので鉄不足になることはないそう。
しかし生後9ヵ月頃になると、貯蔵鉄が不足しがちになるので、鉄分を多く含む食材をあげることが必要だそうです。

鉄分は、子どもの脳の成長には必要不可欠!
一般的に鉄=レバーですが、お家でレバー料理をするのはめんどくさいですし、手間もかかりますよね……。

そこで、他に鉄分豊富なオススメ食材が小松菜!
ほうれん草も鉄分が多いですが、小松菜はほうれん草より食べやすく、シャキシャキの食感も◎
小松菜粥や、小松菜とお豆腐の和え物がオススメです♡

子どもの脳に良い食材④ グレープフルーツ

引用:www.recipe-blog.jp

葉酸が多く含まれているので、妊婦さんや授乳中のママさんにも良いグレープフルーツ♡
グレープフルーツなどの柑橘系に含まれる酸は、血液の流れを良くして脳の働きも活発にしてくれます。

ストレスなどを和らげる働きもあるので、落ち着きのない子どもや、すぐイライラしてしまう子どもにも良いとか。
グレープフルーツは輸入品が多いですが、農薬などがあるので、国産の無農薬がオススメです!

きっと違いを実感できると思うので、ぜひお試しください。

♦︎鹿児島産 【有機JAS】無農薬グレープフルーツ
http://syunsai-deigoya.com/?pid=30429360

♦︎ 観音山グレープフルーツA級品
http://kannonyama.com/smartphone/detail.html?id=007000000001

脳を活性化する食材、如何でしたでしょうか?子どもだけでなく、大人も大切な栄養素。
是非今日から脳力アップ食材を使って、お料理してみて下さい。