母乳で子育てはもう古い?赤ちゃんにとって一番大切なこととは

子育て・ライフスタイル

「赤ちゃんは母乳で育てましょう」
ママになると1度は聞いたことがあるであろうこのフレーズ。
確かに母乳で子育てをすることは、メリットが沢山あります。けれど、それで悩まされてるママが大勢いるのも事実です。
本来の母乳の在り方について考えてみました。

母乳で子育て?① 母乳神話ってなんだろう?

日本では赤ちゃんは完全母乳で子育てしなければいけないというような、根強い意識が存在しています。

確かに母乳育児には、赤ちゃんとの密なコミュニケーションが取れたり、産後の体型戻りが早いなどのメリットも沢山あります。

しかしながら、人によって体の作りは異なるために、思うように母乳が出ずに苦しめられているママ達も存在しています。

そんな母乳神話を後押しするかのように指導する病院や、母乳マッサージ教室などが存在しています。
わざわざ高い費用を払い、痛い思いをしてまでこだわることは果たして本当に赤ちゃんのためなのでしょうか?

母乳で子育て?② 昔と今。こんなに違う!子育て環境

では、ミルクのない時代のママ達はどのように子育てしていたのでしょうか?
私達ママよりも前の世代では、今よりも近所付き合いが活発で横のつながりが強く、地域全体で子育てをしていました。

今では信じられないかもしれませんが、近所の母乳の出る母親が我が子だけでなく、母乳の出ない母親に変わって授乳させてあげることも普通に行われていたようです。

そういった助け合いで成り立っていた子育ても、近年の核家族化が進んだ影響で近所付き合いが希薄に。そのため、必然と母親だけで子育てしなければいけないような孤独な環境に変わっていってしまったのです。
ですので、母親が1人で完全母乳で子育てするということは、実はとても難しいことなのです。

母乳で子育て?③ 厚労省も注意喚起、母乳は買わないで!

そういった環境の変化などを理解せずに、漠然と母乳で赤ちゃんを育てなければいけないという強迫にも近い考え方が、多くのママ達を不安にさせてしまっているのです。

そんな不安な心を利用するかのようなネット販売での不衛生な、偽「母乳」が販売されている実態。このような状況を受けて、厚生労働省は衛生管理状況が不明な母乳には、感染症などのリスクの大きさを考慮し、販売停止などの指導をするよう注意喚起しました。

日本のミルクは、最新の技術で母乳に限りなく近い栄養素を摂ることができ、世界的にもトップレベルの品質を誇っています。

決して、母乳にこだわって子育てする必要はないと思いませんか?

母乳で子育て?④ 母乳が出なくたって大丈夫!北斗晶さんのメッセージが称賛されてる♡

出典:cdn.cadot.jp

2人の男の子を育てるママタレントの北斗晶さんが、自身のブログで母乳育児に言及した記事が話題になりました。

北斗さんは母乳に関して「出ないもんは出ない!」と言及し、
「お母さんたちが追い詰められるだけでは…」と、母乳が出なくて悩むママ達の気持ちを代弁した上で、最後にはご自身と2人のお子さんとの素敵な写真を載せ、「子どもはこんなに大きくなった。母乳が出なくて悩んでるお母さん達、大丈夫!」と締めくくっています。

◆北斗晶さんブログ
http://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-12048388770.html

子育てに大事なことは、母乳にこだわることよりもママが笑顔で赤ちゃんに愛情を注ぐことだと教えてくれ、きっとこの言葉に救われたママ達は大勢いることでしょう。

私自身も母乳が5ヶ月で完全に止まってしまい、母乳で子育てできないことに罪悪感を感じて涙したことも。
ですが昔との家庭環境の違いなど、もっと知識があれば泣くこともなかったのかなと思います。
本当に赤ちゃんにとって大切なのは、ママが笑顔でいてくれること。笑顔でいられる自分なりの方法で、楽しく子育てしていきましょう♪