24時間以内が大切!うっかり日焼けに効果的なスキンケアとは

美容

ビーチ焼けより怖いと言われるうっかり日焼け。
UV対策のメイク下地を使っているから大丈夫!と思っていても、ハンカチで汗を拭いたり、無意識に肌に触れて意外とメイクは落ちやすいもの。
マメにベースから直さない限り、肌にダメージを与え続けてしまいます。
そんなうっかり日焼けのスキンケアについて紹介します。

スキンケアが肝心!無防備な日焼けに気をつけよう

日焼けは晴天時のものだけではありません。
朝のベランダや曇りの日の紫外線も侮れません。すぐ近所への外出や窓辺など、つい油断してしまいがちです。
実はそんな無防備な日焼けの蓄積こそが、肌には大きなダメージに。

日常生活の無防備な日焼けは、わずか3日分で真夏の日差しを約1時間浴びるのと同じレベルの肌ダメージがあります。

問題は赤みも痛みも出ないこと!
静かにダメージが蓄積されていきます。
日焼け対策をしっかりすることが大切なんですね。

スキンケアが肝心!うっかり日焼けを見極めるには?

紫外線を浴びて日焼けをすると、肌内では炎症物質であるヒスタミンが放出されます。その後、メラノサイトを刺激するスイッチがオンになり、メラトニンを過剰に生成し、少なくとも48時間刺激し続けます。

肌内部で炎症を起こし、肌表面からじわじわと水分を奪っていきます。そのため、ダメージを受けた日は夜のスキンケア時にいつもより肌がカサカサしたり、熱がこもったような火照りを感じたりします。

そのような兆候があれば“うっかり日焼け”の可能性があります。

スキンケアが肝心!うっかり日焼けが蓄積されると……

忘れた頃に肌に残されるのが、うっかり日焼けのツケ。
褐色のシミ、頬のたるみやハリの低下、肌の乾燥……。
うっかり日焼けの光老化はとても恐ろしいのです。

そこで、慢性化する前にぜひやっておきたいメラニンブロックのスキンケア。

日差しの下でよく外出したり、日当たりのいい家に住んでいたり、最近肌が乾燥気味?と感じたりした方は今すぐにスキンケアを始めましょう!

火照り期のスキンケアに最適!日焼けに効く、冷んやりローションパック

日焼け24時間以内にすべきは、ひんやり冷却スキンケア!
火照りを感じた当日は、炎症を抑えることが大切!ローション保水で集中ケアを行ってください。

日焼けで紫外線のダメージを受けたお肌に、水分がグングン浸透していくのを実感できます。
特に、美白化粧水の贅沢ローションコットンパックは効果絶大です!
日焼けしてしまったなと思ったら、ぜひやってみてくださいね。

みなさんもうっかり日焼けしていませんか。
日焼け後の火照りや赤みは、24時間以内にピークを迎えます。
それまでに肌をクールダウンさせて、スキンケアをしっかりすることでダメージも最小限に抑えられます。
その日のうちにきちんとしたスキンケアをしていきましょう。