ベビーと初めての記念撮影♡おすすめマタニティフォトの撮り方って?

子育て・ライフスタイル

現在、妊娠中の方。これから子どもが欲しいとおもっている方。
マタニティフォトを撮る予定はありますか?
人生に数回しかない大切な姿を、ぜひ写真に残すことをオススメします♡撮らないと後悔しちゃうかも?!♡

マタニティフォトを撮る意義★

数年前から妊娠期の大きなお腹で記念に写真を残す妊婦さんが増えてきました。
芸能人や有名人にもマタニティフォトを撮っている方が多く、その写真を雑誌や本、ブログなどで見る機会も多いですよね♪

私自身も妊娠後期にマタニティフォトを撮りました。初めは撮るつもりはなかったのですが、カメラマンの友人のすすめで軽い気持ちでマタニティフォトを撮りました。
が、産後の今になると「撮影して本当によかったなぁ」と心から思っています。

最近では昔のように何人も子どもを産む人は少なくなってきていて、一人っ子もそれほど珍しくありません。

妊娠するということは奇跡の連続♡
妊娠期は人生に一度、または数回しかない訪れない大切な時間。
そして妊娠中は子どもとへその緒という、お母さんと子どもが身体的に繋がっていられる唯一の時間。

妊娠中の身体はとても神秘的♡
産後、育児で辛いときもマタニティフォトを見返せばすっと気持ちが落ち着いてくるはずです。

マタニティフォトはお腹を見せて♪

せっかくマタニティフォトを撮るなら、少し抵抗があるかもしれませんが、大きくなったお腹の肌をしっかり見せて撮影することをオススメします♪

妊娠期はおへそのまわりが毛深くなったり、正中線ができたりして肌を出したくない!
と思うかもしれませんが、強めのライトでしっかり飛ばしてもらえば問題ありませんし、もし気になるようならモノクロのフォトにしてもらうと目立たず、また素敵な雰囲気になりますよ♡

何パターンか撮るうちの一つでもいいので、是非大きくなったお腹の肌をしっかり見せて写真を撮ってみてください♪

家族と一緒に撮るのがオススメ♪

撮影は一人でもいいですが、可能であれば旦那さんと一緒に撮影すると更に素敵な想い出に♡

また、二人目三人目のお子さんの出産の場合であれば、子どもとも一緒に撮影するのも素敵だと思います♡

妊娠してお腹が大きくなるのはお母さんになる女性だけだけれど、赤ちゃんは家族みんなで育てていくもの。家族みんなでお腹の子を祝福し、素敵な写真を撮るととってもいい記念になりますよね!

その他、色々なアイデアが♪

引用:womanclair.com

自分がマタニティフォトを撮るにあたって、ネットや雑誌で色々な写真を見てどんな写真が撮りたいのかを考えました。

撮影時期は妊娠8ヶ月以降でお腹が出来るだけ大きくなってからの方がオススメです!
撮影で着る衣装は、白か黒のものを着ている方が多いと思います。

私が色々調べた中でいいな♡と感じたマタニティフォトのアイデアをいくつか紹介します!

①家族で撮影♡
②ベールをつけて妊婦さんらしい丸みをおびた体、全身を撮影
③手でハート♡をお腹の上でつくって撮影
④お腹にペイントして撮影
⑤赤ちゃんのエコー写真と一緒に撮影

などなど、他にも色々なアイデアで撮影されている方が沢山いるので、自分の撮影の前にはどんな雰囲気で撮りたいのかをイメージしてから撮影に臨めば後悔しない素敵な写真が撮れると思います♡

いかがでしたか?
妊娠中の女性の身体はとても神秘的で素敵なものです。
これから新たな家族が増えるという自覚と記念のためにもマタニティフォトを撮って、妊娠という奇跡の時間を形にしてみてはいかがですか?♡