風邪予防にはコレ!子どもに食べさせたい食材&レシピ3つ♡

風邪予防にはコレ!子どもに食べさせたい食材&レシピ3つ♡

温度や湿度が急激に低下し、子どもはもちろん、大人も風邪をひきやすい季節になってきました。大人はともかく、小さな子どもに薬を飲ませるのは少し抵抗がある、というママも多いのではないでしょうか。

できれば毎日の食事で抵抗力を高め、もし病気にかかったとしても、早めに完治するような体づくりをしてあげたいですよね。

そこで今回は、風邪やインフルエンザ対策になる食材を、簡単レシピとともにご紹介します。

<子どもの風邪予防に食べさせたい食材①>はちみつ

レシピブログ www.recipe-blog.jp

高い抗菌・殺菌作用のあるはちみつには、喉などの呼吸器系の細菌の増殖を抑える働きがあるため、のどの痛みや咳などの風邪症状の予防におすすめです。

最近では、マヌカはちみつのインフルエンザウイルスに対する高い抵抗力が話題になりました。

はちみつに含まれるオリゴ糖には、腸内で善玉菌を増殖させる働きがあり、腸内環境を整えて、便秘や下痢などを防ぐのに役立ちます。

ただし、稀にですがはちみつには、ボツリヌス菌の芽胞が含まれていることがあります。

まだ胃腸が未発達な1歳未満子どもの場合には、乳児ボツリヌス症の原因となる場合があるので、避けましょう。

レシピはとても簡単ですよ。

■ハニージンジャーレモン

<材料>
レモン・はちみつ・生姜 適宜

<作り方>
よく洗ってワックスを落としたレモンを輪切りにして、煮沸消毒した瓶に入れます。はちみつと、洗ってスライスした生姜を入れたら完成。

<子どもの風邪予防に食べさせたい食材②>もずく

レシピブログ www.recipe-blog.jp

もずくやヒジキ、昆布などに含まれるフコイダンには、抗ウィルス作用があるため、風邪対策に有効だと考えられています。

ウイルスに感染した時に、そのウィルスを攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあるのだそうですよ。

また、崩れてしまった免疫システムを正常に戻す働きを持つことから、アレルギー症状の緩和にも◎

もずく酢も美味しいのですが、味付けされていないもずくの方が、スープや味噌汁にも入れることができるのでおすすめです。

商品によっては下処理をされていないものもあるので、きちんと説明書きを読むようにしましょう。

子どもは、もずくのチュルチュル感を面白がる傾向があるので、もずく酢のような酸っぱいものが苦手でも、スープや味噌汁に入れてあげると、楽しみながら食べることができますよ。

こちらも簡単なレシピをご紹介します。

■もずくの中華スープ

<材料>
もずく 適宜
長ネギ 5cm

A
水 300ml
顆粒鶏がらスープの素 小さじ2
すりおろしニンニク

<作り方>
鍋にAを入れ、もずくとみじん切りにした長ネギを入れて加熱をしたら完成。

<子どもの風邪予防に食べさせたい食材③>キノコ

レシピブログ www.recipe-blog.jp

キノコに含まれるβ-グルカンには、免疫力をUPし、ウィルスなどへの抵抗力を高める働きがあります。

免疫機能が低下していると、インフルエンザや風邪などのウィルスに感染しやすくなりますし、病気が長引く要因にもなります。

β-グルカンは、免疫機能を司るナチュラルキラー細胞などに働きかけ、免疫力を高めます。

食物繊維が多くて噛みきれない……などの理由から、意外と子どもに不人気のキノコ。調理の時は、切り方を工夫してあげるといいですね。

旨味成分であるグアニル酸は、冷凍した方が高まるようです。食べきれない時には、小分けにして冷凍するなどの工夫をしましょう。

ご紹介するのは、冬にぴったりの簡単スープレシピです。

■キノコのスープ

<材料(2〜3人分)>
お好みのキノコ 200g
タマネギ 1/4個
水 300ml
顆粒コンソメ 小さじ2
生クリーム 100ml

<作り方>
1. 鍋に、石づきを取って適当な大きさにカットしたキノコ類と、薄切りにしたタマネギを入れます。水と顆粒コンソメを入れて、10分ほど煮込む。

2. ミキサーで1を攪拌し、生クリームを入れて、塩・コショウで味を調えたら完成。
風邪予防にオススメの食材&簡単なレシピをご紹介しました。

食事は、健康の基本です。ママの愛情たっぷりの料理で、子どもの風邪を撃退しましょう!

風邪予防 子ども 食材 子供 レシピ はちみつ 風邪 免疫力 風邪予防 インフルエンザ キノコ もずく

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

tomi

2児の母。アンチエイジングをテーマにした料理が得意です。

>もっとみる