「子供は大人より1枚少なめに」”薄着育児”のメリットとは

子育て・ライフスタイル

寒い時期になってくると、子供の体調が心配で、つい多めに服を着させてしまいがちですよね。
けれど、もしかしたらそれが逆効果になっているかもしれません!
昔からよく言われている【子供は薄着がいい】とはどういうことなのか、今回は”薄着育児”についてご紹介します。

薄着育児のメリット①薄着育児ってどんなもの?

”薄着育児”とはその名の通り、子供を薄着で育てることです。

育児書などで、「子供は大人の服装より1枚少なくするのがベスト」と書かれているのを目にしたことはありませんか?

大人より子供のほうが体温が高いから、というのが理由だということは、ご存知の方も多いと思いますが、実はこの”薄着育児”、他にもメリットがたくさんあるんですよ♪

薄着育児のメリット②体温調節機能が向上し、免疫力が上がる!

動物だけでなく、私たち人間も、皮膚が暑さや寒さを感じると、それに合わせて血管が収縮・拡張するという防御反応を持っています。その働きは、繰り返されることにより素早く行われるようになって、徐々に鍛えられていきます。

このような働きを担っているのが、自律神経。自律神経のバランスが良くなると、免疫力が上がっていきます。なので、普段から子供に厚着をさせていると、外の気温の変化をとらえる皮膚感覚が鈍ってしまい、それによって免疫力も鍛えられない、というわけです。

そして、体温調節において重要な役割を果たしている汗腺の数は、生後2~3年の生育環境で決まると言われています。寒さへの抵抗力をつけるには、小さい頃から薄着で過ごすことが大事なんですね。

薄着育児のメリット③風邪を引きづらい丈夫な体になる!

出典:www.embarazada.com

免疫力が上がると、それに伴い、風邪や病気をもらいにくい丈夫な体になっていきます。

「薄着だから風邪を引く」と思いがちですが、実際はそうではなく、厚着させることによって出た汗が冬の冷たい風で冷えることによって、風邪を引きやすくしているのです。

”昔から子供は風の子というけれど、うちの子は「寒い寒い」と言ってあまり外で遊びたがらないな”…と感じているお母さんも、いるかもしれません。

それは、もともと寒がりなわけではなく、厚着をさせることにより、皮膚感覚を甘やかしているために、寒がりになってしまったのかもしれません。

薄着育児のメリット④動きやすく、活発に遊べる!

大人もそうですが、服を着こみすぎると動きづらくて、身動きをとるのが億劫になりますよね。それは子供も同じで、厚着だと外で遊んでいても思う存分に体を動かすことができません。

だからこそ、薄着にしてのびのび自由に動ける環境を整えてあげることによって、運動能力も発達していくんです。

実際に、薄着で生活している幼児は外遊びが多くなり、運動能力も高い、という報告があるそうです。

”薄着育児”といっても、急に子供を薄着で生活させるのは体がびっくりしてしまうので、徐々に慣らしていくのがいいそうです。
『大人より1枚少なく』を心がけつつ、お子様の様子をこまめにチェックしながら、その子自身に合った服装をさせてあげてくださいね♡