水分の取りすぎは危険!?【薬膳】から見る水の代謝トラブルとは

Beauty

前回は、食べ過ぎについて薬膳的にご紹介しました。今回は、水分の取りすぎ、水の代謝トラブルについて薬膳的な観点からご紹介したいと思います。

「健康のために一日に水を○リットルとるといい」とよく聞きますが、薬膳の考え方から見ると、全ての人が水分をたくさん摂るのは、一概にはいいとは言えません。

なぜかと言うと、個人個人で体質が異なるからです。健康のためにしているつもりでも、その時の体調によって不調を招くこともあるのです。

― 広告 ―

〈薬膳から見る〉水分の代謝トラブル①女性の多くが経験しているむくみ

立ち仕事の方、座り仕事の方に関わらず、多くの方が悩まされる「むくみ」は、水の代謝トラブルの特徴と考えられます。

靴がきつい、靴下の跡が消えないなど、むくみの多くは下半身に起こり、朝とはまるで違う脚のラインになっていることも、あるのではないでしょうか。

むくみは、体に余分な水分がたまっている状態です。余分な水分は、「水毒」と呼ばれるほど悪いものと考えられています。では、なぜむくみが起こるのでしょうか?

〈薬膳から見る〉水分の代謝トラブル②むくみの原因

水は、体をくまなく巡り、各組織を潤したり、冷やしたりする働きがあります。水を体中に巡らせるには、「気」=エネルギーが必要です。

気が十分にあれば、余分な水分も排出することができます。しかし、気が不足すると水を体中に巡らせることができなくなり、滞った状態=むくみとなります。

気の不足以外でも、水分の取りすぎ、湿気の多い季節、天気により、むくみが起こることがあります。

むくみ以外では、水分を取った後にお腹がちゃぽちゃぽしているような感じがする、吐き気を伴う重だるい頭痛がする、なども水毒と考えらます。

〈薬膳から見る〉水分の代謝トラブル③オススメ食材

先ほど、水を体に巡らせるには気が必要、とお伝えしました。

水の代謝トラブルを改善するには、気を補う+利水する(余分な水を排出させる)という2つの働きが必要です。利水(余分な水を排出させる)の食材だけでなく、流す力も足す、というイメージです。

《気を補う食材》芋類、かぼちゃ、あわ、鶏肉、豆類、なつめ、しいたけ、長芋、グリンピース、生姜、シナモンなど

《利水の食材》とうもろこしのひげ、小豆、ハトムギ、冬瓜、緑豆もやし、緑豆はるさめ、きゅうり、白菜など


どちらの食材も、バランスよく摂ることがおすすめです。

〈薬膳から見る〉水分の代謝トラブル④普段から気をつけるポイント

日頃から水の代謝を高めるには、先ほどご紹介した食材を日常的に取ることも大切です。加えて、冷えることで水は流れにくくなりますので、体を温めることが大切です。

また、薬膳から見て、水の代謝を阻害する食材としては、スイーツ、お酒、乳製品があげられます。

摂りすぎることで消化の働きを弱めたり、余分な水分を生みやすく、排出の作用を滞らせて不調を生む、と言われています。

日常的にスイーツやお酒などを摂る習慣がある方は、以前ご紹介したハトムギと小豆のおかゆを、リセット食として召し上がってはいかがでしょうか。

お手軽薬膳ライフLesson~手軽にできるおかゆのレシピ~

薬膳から見る、水分の代謝トラブルの改善策についてご紹介しました。私の場合、薬膳を始めてから、むくみだけなく、お腹になんだか水が溜まっている様な気がする症状も、水の代謝トラブルなのだと気がつきました。

ちょっとした不調を食材で解決できるのが、薬膳のいいところです。少しずつ実践することで体が変わってきますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

― 広告 ―