妊婦さんのマイナートラブル。「逆流性食道炎」とはどんなもの?

子育て・ライフスタイル

お腹の赤ちゃんがすくすく育って、幸せな毎日を過ごしているプレママさん♡
でも、妊婦にはマイナートラブルがたくさん起きるので、ママたちはそのたびに一喜一憂…。そんな中でも悩む方が特に多い、「逆流食道炎」についてご紹介します。

妊婦さんのマイナートラブル「逆流性食道炎」①どんな症状?

妊娠してから、ご飯を食べて気持ちが悪くなってしまうことが増えたり、「最近、いつも通りの量を食べられなくなったかな?」と思うことはありませんか?

思い当たったら、それは「逆流性食道炎」の症状です。これは、妊娠したママさんに多いマイナートラブルなので、要注意!

逆流性食道炎は、胃酸が胃から逆流して食道を炎症させる病気、として知られています。妊婦さんは、赤ちゃんがお腹の中ですくすくと育っているので、子宮がどんどん大きくなるのはご存知ですよね。それに伴って、胃が圧迫されてしまうんです!

そうすると、下部食道括約筋がゆるんでしまいます。この下部食道括約筋は、いつもなら胃と食道をつなげている筋肉ですが、それがゆるむと、胃酸や食べ物が逆流してしまうんですね。

それに、妊娠するとホルモンバランスの変化で胃の消化機能が低下してしまうので、胃酸が増えます。そのため、辛い逆流が起こってしまうんです。

妊婦さんのマイナートラブル「逆流性食道炎」②どんな食べ物がOK?

もし、これらの症状が出たら、まずは食生活を見直しましょう。見直すときのチェックポイントはこちらです。

✔︎消化の良い食べ物を選びましょう。→おかゆ、雑炊、うどん
✔︎脂肪分、油脂、糖分の強い食べ物は避けましょう。→揚げ物、お菓子
✔︎酸の強い食べ物は避けましょう。→レモンなどの柑橘類、酢の強い物
✔︎カフェインの強い食べ物や飲み物は避けましょう。→コーヒー、紅茶

さらに、食べ方にも注意点があります。それは、食事の量を少なくして食べる回数を増やすこと。そうすることで、胃への負担を和らげることができます。

噛む回数を増やしてゆっくりと時間をかけて食事をすれば、満腹感も増して食事の量を減らすこともでき、胃を労ってあげられます。

妊婦さんのマイナートラブル「逆流性食道炎」③どうしたら楽になれる?

食生活を直してもなかなか良くならない…。そんなときは、「姿勢」に気をつけてみましょう。胃酸が逆流しやすくなるので、食べた後はすぐに横になってはいけません!

逆流しやすい体勢は、他にもあります。とにかく胃を高くしておくことが大切なので、「骨盤高位」という体勢をすると、ビックリするくらい楽になりますよ♪

実は私も、この姿勢を試して助けられた1人!逆子治療にも良いそうなので、毎日かかさず取り入れています。

朝と夜に、それぞれ5〜15分ほど仰向けに横になり、おしりと腰の部分に座布団やクッションを挟みます。このとき、おしりを一番高い位置にします。なんと、これだけで今まで下がっていた内臓や子宮が上の方にどんどん上がってきて、すぐに楽になるんです!

こちらは、無理のない範囲で生活に取り入れることをおすすめします。

妊婦さんのマイナートラブル「逆流性食道炎」④どうすれば治る?

毎日苦しいと、「この辛い症状はいつまで続くのかしら?」と悲しくなってしまいますよね。
でも大丈夫!妊婦さんの逆流性食道炎は、赤ちゃんが出てきてくれれば子宮が元に戻るので、自然と治ります♪

それでも、出産が済むまでは辛い毎日が続くなんて嫌ですよね。

すぐにでも治したい!そんなときは、かかりつけの病院に相談してみましょう。症状に合ったお薬を処方してくれるので、安心です。

実は私も、この症状に悩まされた一人なんです。もちろん妊婦なので、市販の薬はNG。やっぱりお医者様が体を一番知ってくれていますから、普段の健診からいろいろと話をしておくと、マイナートラブルが起きたときにも相談しやすくなりますよ。

いかがでしたか?プレママに多い「逆流性食道炎」。喉の奥に何かがいつも詰まっている感じ、いつまでも続く胸焼けなど、不快な症状は少しでも軽くしたいもの。そのままでいると、妊婦さんには食べることもストレスになりがちなので、できることから手をつけてストレスフリーへ!
赤ちゃんもママも心地よく過ごしましょうね♡