浪費家が伝授!誰でも楽しみながらできる簡単節約術があるんです♪

浪費家が伝授!誰でも楽しみながらできる簡単節約術があるんです♪

雑誌やメディアでよく取り上げられる「節約」。
節約上手のテクニックは素晴らしいけれど、初心者にはハードルが高すぎて挑戦する気さえ失せませんか?
私自身、かなりの浪費家で節約は大の苦手。
そんな私ですが、やはり家計管理を任されている以上、多少は節約も意識しなくては!と一念発起。
節約上手ではない、むしろ節約下手の節約術、これなら誰でもすぐに取り入れることができますよ!

浪費家が伝授!簡単節約術
①家計簿チェックは月2回だけ

当たり前と言えば当たり前なのですが、やはり家計簿をつけることは節約していく上で重要。

しかし、毎日つけるのは面倒で三日坊主の原因。なので私は、毎月15日と月末の2回だけ、家計簿をつけています。

毎日レシートをためておき、1日~15日までと、16日~月末までにかかった費用を計算。
1カ月の前半が終了した15日には、半月でどれぐらいの支出があったのかを確認。
予定よりも支出が多すぎた場合は、月の後半は倹約生活を心がけ、少なかった場合には、後半は少し外出やショッピングを楽しもう、といった具合に調整しています。

そして月末は、16日~月末までの支出を計算し、1カ月あたりの支出を振り返り。
その後、翌月の支出予定額を決めます。

「今月、出費がかさんでしまったから、来月の支出は○○円以内におさえるようにしよう。」など、具体的な金額で目標を設定。

また、数か月後に大きな出費が予定されている場合には、それを意識し、普段より少ない金額の支出予定額を設定します。

浪費家の私は、楽しいことやお買い物が大好き。なので、外出やショッピングの直後には、「散財しすぎた」などと後悔はしたくありません。楽しんだ後は、その余韻に浸っていたいのです。ですが、やはり家計を任されている主婦として、あまり浪費しすぎるわけにはいきません。

そこで、この月2回の家計簿をつけるタイミングの時にだけ、ちょっぴり浪費を反省するようにしています。それだけでも、常に頭の片隅で「節約」を意識できるようになりましたし、浪費しすぎることもなく、かと言って倹約しすぎるわけでもなく、バランスのとれたお金の使い方ができるようになりました。

浪費家が伝授!簡単節約術
②コンビニ・自動販売機・外食には要注意

これも節約の定番ですが、コンビニや自動販売機の利用は極力控えています。外出の際は、水筒にお茶を入れて持ち歩いたり、安くまとめ買いしておいたペットボトルを持参。

忙しい朝に水筒を準備するのが大変でも、ペットボトルならラクラク。コンビニや自動販売機の半額ほどの値段でまとめ買いしておけば、手軽な節約になります。

また、あらかじめ外出の予定が決まっている場合には、前日に近所の格安スーパーで、お菓子やパン、ドリンク類の買い出しをしておきます。当日になってコンビニで購入するよりも、かなり安く調達できます。

家族や夫婦で美味しいお料理を楽しむことは、リフレッシュや娘の教育上、とても大切だと思っているので、外食をケチケチすることは嫌いです。

ただ、行き当たりばったりの外食はもったいないと感じます。せっかくなら、事前に気になるレストランやお気に入りのお店を予約しておき、その日を楽しみにする気持ちを味わい、さらに美味しいお料理も味わえるほうがお得だと思いませんか?

ファストフードやチェーンのお安いお店でも、家族で外食をすると費用がかさみますので、外食をクセにしてしまうのは危険です。

浪費家が伝授!簡単節約術
③おもちゃの購入について

可愛い子ども達にねだられると、ついつい買い与えたくなるのが、おもちゃ。
数千円~1万円ぐらいの物が多く、買えない金額ではないので、買ってあげたくなりますよね。

でも、おもちゃの与えすぎは、お子さんの成長に決して良いことばかりではありません。少ないおもちゃで工夫して遊ぶお子さんのほうが頭がよくなる、なんて話を聞いたこともあります。

また、よっぽど大きなお家でない限り、ママはおもちゃの収納スペースに頭を抱えることになります。おもちゃが多すぎると、お子さんはお片付けが難しくなってしまい、それもまた、ママのイライラを引き起こします。

我が家では、おもちゃの購入は、お誕生日とクリスマスだけ、と決めています。それでも、おじいちゃんやおばあちゃん達からも買ってもらうと、1年でかなりの数のおもちゃが増えることになります。

また、以前は100円均一のおもちゃをよく購入していました。しかしこれも、1つ1つは100円でも、しょっちゅう何個も買っていると結構な出費です。

何より「どうせ100円だし」と思い、「物を大切に使う」ということを娘に教えられないどころか、私自身が乱暴に扱ってしまっていることもありました。なので、おもちゃに関しては、100円均一での購入はしないようにしています。

浪費家が伝授!簡単節約術
④決めたことにはドカンとお金をかける

節約は大事ですが、節約ばかりでは息が詰まり、家庭の雰囲気も悪くなってしまいます。そこで我が家では、決めたことにはドカン、とお金をかけるようにしています。

その1つが、年に1度の家族旅行。何カ月も前から、行き先や宿泊先などを夫婦で相談し、およそ1週間ほどの旅行をするようにしています。

数十万円の大きな出費になるのですが、貯金を切り崩すということはせず、地道に貯金をして、貯めることのできた金額に応じて、旅行のプランを組むようにしています。逆に、1泊ぐらいの近場への旅行は控え、節約しています。

また、私自身については、以前ほどショッピングに興味がなくなった代わりに、身体のメンテナンスを大切にするようになりました。疲労の蓄積による目眩(めまい)で倒れてしまって以来、身体の不調や疲れを感じたら、整体や骨盤矯正などに行くようにしています。

やはりプロの手にかかると、あっという間に体調が良くなります。毎日、ストレッチやマッサージをして、セルフメンテナンスも行っていますが、困った時にはケチケチせずに、信頼できるプロにお任せ。

自分のためにも、そして家族のためにも、ママが健康でいることは本当に大切です。
浪費家の節約術なので「本当に節約したい!」という方は、もっともっと頑張るのかもしれません。
しかし、私が大切にしたいことは、節約よりも家族みんなが楽しく生活できること!
それを忘れないようにし、家族にはできるだけ負担をかけず、私の少しの努力でできる節約を頑張っています。
家族総出で頑張る節約も素晴らしいのですが、無理をしすぎず、長く続けていけるような節約をしてみませんか?

【関連記事】ズボラでもお金が貯まる♪「クリアファイル家計簿」で節約する方法

「家計簿って面倒でなかなか続かない……」と諦めてしまった方、必見!支出の把握や毎日のお金...

節約 簡単

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

新山 志帆

雑誌やサロン等の読者モデル・フリーモデル。また、キュレーター・ライターとしても活動中。
整理…

>もっとみる