薬に頼りたくない方必見!【セルフ花粉症対策ケア】

美容

天気予報と同じように、花粉予報で1日が始まる程、今では日本人の4人に1人が花粉症に悩まされています。

これから暖かくなると、花粉は勢いを増して飛散し、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに悩まされる方も多いことでしょう。

しかし、なるべくなら薬に頼りたくはないですよね。今回は、薬に頼らずに、健康的に花粉症の症状を軽減する方法をご紹介します。

薬に頼らない花粉症対策:アレルギー症状とは?

花粉症などのアレルギー体質は、遺伝子にも関係があると発表されています。子供を持つ親としては、悩みの種ですね。

しかし、アレルギーや病は免疫力の低下、すなわち、血液の汚れを改善することで、軽減することができるのです。

体内に悪性物質を溜め込まないように、循環の良い、サラサラ血液を目指しましょう!

薬に頼らない花粉症対策:「血液サラサラドリンク」

血液が汚れる要因は、普段の食事にあります。特に日本は、添加物の規定が緩いので、率先して体に良いものを取り入れたいですね。

そこで、腸内環境を整えるヨーグルトや、血液がサラサラになると言われている玉ねぎを使った花粉症対策をご紹介します。

普段は捨ててしまう皮の部分が主役の、花粉症対策ドリンクです。

①みかんの皮ヨーグルトラッシー
・ヨーグルト 1カップ
・牛乳又ジュース(柑橘類) 1カップ
・柑橘類の皮(みかんの皮など) 1~2枚
・はちみつ 大2杯
・お好みで氷

ミキサーがあれば、全てを合わせてミックスする。なければ、柑橘類の皮のみを細かく刻んで、他の材料と混ぜる。

②玉ねぎ皮茶
. 玉ねぎ3個分の皮
. 水 500cc

普段は捨ててしまう皮の部分を水洗いし、弱火で5分煮込む。
※そのまま飲むには抵抗がある方は、料理に入れるなど、工夫をしてみてくださいね。

薬に頼らない花粉症対策:「コリ取り」

心臓より上にある首・肩は、重力の関係上、血行が悪くなります。特に、首の前面部の緊張は、首の筋肉が頸動脈を圧迫するので、目や鼻に必要な血液が行き届きにくいのです。

首は、重たい頭を支えるには細すぎるため、かなりの負担がかかっています。

花粉症には、胸挫乳突筋(首筋)をマッサージして首の緊張を緩めること、すなわち、首肩こりを改善するのが最も効果的なのです。

左右の胸鎖乳突筋を、痛気持ち良いくらいの圧でつまむようにマッサージしたり、首のシワを取るように下から上にマッサージすると、血行も良くなり、顔の血色やむくみの改善にも効果的です。

薬に頼らない花粉症対策:「ツボ押し」

既に花粉症に悩まされている方は、鍼灸治療に即効性があるように、ツボを押して症状を軽減してはいかがでしょうか?

【目のショボショボに効果があるツボ】
・攅竹(さんちく)
→まゆげの内端です。

・睛明(せいめい)
→目頭と鼻の骨の間。目が疲れると思わず手で押さえてしまうところです。

【鼻づまりに効果があるツボ】
・迎香(げいこう)
→鼻の穴のすぐ外側。鼻水、鼻づまりに効果的です。

・鼻痛(びつう)
→目の下の窪み。クマが出来る辺り。即効性が高く、鍼で刺激した場合はすぐに鼻が通ります。

【鼻水に効果があるツボ】
・風池(ふうち)
→後頭部のすぐ下、筋肉のふくらみの溝です。やや強めに押す。鼻づまり、耳鳴り、目の疲れなど、幅広く使われるツボです。

・大椎(だいつい)
→首の下辺りのこのツボを冷やすと、ゾクゾクした風邪の引き始めの症状と、水っぽい鼻水が出てきます。日頃から冷やさないようしたり、カイロで温めると、風邪予防にもなります。

春の行楽シーズンもやってきますので、花粉症を気にすることなく、お花見など楽しみたいですね。薬の副作用の心配もないので、ぜひ試してくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。