物が減らないのはなぜ?"断捨離"は「断」と「離」が重要だった!

インテリア

「断捨離」という言葉は、すっかり定着しましたね。しかし、本当のやり方がわかっていないと、闇雲にものを捨ててすっきりしたのも束の間、すぐにリバウンドしてしまう方も多いようです。

断捨離のリバウンドは、どうして起きてしまうのでしょうか?

断捨離をしても物が減らない理由について、解説します。

物が減らない「断捨離」は卒業!▶︎正しい方法を知っていますか?

定着してきつつある「断捨離」という言葉ですが、あなたは、正しい断捨離の方法を知っていますか?

断捨離というと、とにかく多くのものを一気に捨てること、と思う方もいるでしょう。

しかし、捨てるという行為は、断捨離の「捨」の部分だけを指します。

つまり、断捨離の「断」と「離」の部分をしっかりとしなければ、断捨離とはいえません。

では、断捨離の「断」と「離」とは、どのようなことなのでしょうか?

物が減らない「断捨離」は卒業!▶︎「断」と「離」を見直そう

いくら断捨離をしても、結局また物を買ってしまい、リバウンドしてしまう方が多いのではないでしょうか?

これは、断捨離の「捨」だけに夢中になって、「断」と「離」をしていないから。

「断」とは、入ってくるものをシャットアウトすることです。

断捨離の第一歩は、まず、入ってくる新しいものを断つことが大切です。

また「離」とは、物欲から離れることをいいます。捨てたものに執着せず、新しいものにも執着しない、ということを指します。

つまり断捨離の方法においては、

①新しいものを買うことをまずやめる
②今あるものを捨てる
③物欲から離れて今あるものを大切にする

という流れが大切だったのです。

物が減らない「断捨離」は卒業!▶︎流れを間違えなければリバウンドしない

この断捨離の流れをしっかりと理解したうえで「捨てる」作業をしていくと、自然とものが減ります。

さらに、自分の持ち物をしっかりと管理できるようになります。

すると、新しいものを買うときにもダブり買いが防げたり、本当に必要かどうかを冷静に判断する力が身につくようになります。

断捨離をしっかりと行うことは、リバウンドを防ぎ、よりエコな生活を行うことにもつながりますよ。

ぜひ一度、断捨離の方法を見直してみてくださいね。

いかがでしたか?断捨離を、大量に物を捨てることだと誤解している方がいたとしたら、ぜひ一度、「断捨離」の方法を見直してみてください。

今回ご紹介したコツを意識して「断」と「離」にも目を向け、しっかりと自分の持ち物を把握することを心掛けてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。