電子レンジで楽ちん!材料たった2つの「○○×缶詰」レシピ3つ

今回の節約料理は、「○○×缶詰」がテーマ。使う材料は、たった2つです。

電子レンジ調理で火を使わずに作れるので、とても楽ちんですよ♪

「今日はごはんを作りたくない……」という日にも助かる楽ちんレシピをご紹介します。

電子レンジで楽ちん!缶詰活用レシピ
①「パプリカ×焼き鳥缶」

調理の合間にも、ササッと作れる副菜です。

【材料:2人分】
パプリカ 1/2個 
焼き鳥缶詰 1缶

パプリカは黄色を使っていますが、赤やオレンジに変えても大丈夫です。

焼き鳥缶は、しょうゆダレの甘辛い味付けのものを選んでいます。

パプリカは縦に細く、食べやすい大きさにカット。

耐熱皿にパプリカ・焼き鳥缶をタレごと入れます。

ふんわりラップをかけて、電子レンジ(600w)で1分30秒加熱。

ラップを外したら、菜箸でかき混ぜて味をなじませ、完成です。

電子レンジで楽ちん!缶詰活用レシピ
②「ナス×サバの味噌煮缶」

ボリューム満点で、ごはんが進むメインのおかずです。

【材料:2人分】
ナス 2本
塩 小さじ1/2
サバの味噌煮缶詰 1缶

ナスは、5mm厚の輪切りにし、ボウルに入れて塩もみをします。

そのまま5分ほど置いたら、さっと水で洗ってしっかりと水気を絞ります。

水気がなくなったら、耐熱ボウルにナス、サバの味噌煮缶詰をタレごと入れて下さい。

ふんわりラップをかけて、電子レンジ(600w)で3分30秒加熱。

ラップを外したら、菜箸でかき混ぜて味をなじませ、完成です。

電子レンジで楽ちん!缶詰活用レシピ
③「小松菜×さんまのかば焼き缶」

お弁当にも使える、便利なサブおかずです。

【材料:2人分】
小松菜 1/2束
さんまのかば焼き缶 1缶

小松菜は、茎を1.5cm幅、葉を3cm幅にカット。

※葉先と茎の方では固さが違うので、火の通りが均一になるように長さに違いをつけています。

耐熱皿に、切った小松菜、さんまのかば焼き缶詰をタレごと入れます。

ふんわりラップをかけて、電子レンジ(600w)で3分加熱します。

ラップを外したら、菜箸でかき混ぜて味をなじませ、完成です。

買い置きしておきたい♪あると便利な缶詰

缶詰は、保存期間の長い食材です。

そのまま食べておいしいのはもちろんですが、野菜と組み合わせて電子レンジで加熱すると、また違った角度からおいしさが引き出せます。

魚系の缶詰めは、骨までホロホロに柔らかくなっているので、魚の骨が苦手な方にも食べやすい食感になっています。

タレを余すことなく使いきれるので、味付けの手間も省けますよ。

晩ごはんだけでなく、お昼ごはんやお弁当のおかずにもオススメです。

暑い日や疲れた日は、「できるだけ手軽に食事を作りたい」と思うことがよくあると思います。

そんな時は、缶詰をフル活用しましょう。

缶詰 電子レンジ 簡単 レシピ 節約

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

武田 真由美/節約アドバイザー・節約料理家

武田 真由美(たけだ まゆみ)

【肩書き】
節約アドバイザー・節約料理家
<…

>もっとみる