初心者でも簡単!コツのいらない簡単チーズケーキのアレンジレシピ

グルメ・レシピ

ケーキを作るとなると、分量を量るのが難しかったり、失敗しそう…そんなイメージを抱きませんか?
ケーキ作り初心者の方にオススメしたいのが、チーズケーキ!ケーキの中でも比較的簡単に作れるチーズケーキは、細かな分量や面倒な手順に従う事が苦手な私にでも作れるケーキです。笑

今回は基本の簡単チーズケーキのレシピや美味しいアレンジ方法をご紹介します♡

牧村麻美
牧村麻美
2021.05.17

簡単チーズケーキのアレンジレシピ①基本の作り方♡

まずは、基本のチーズケーキの作り方をご紹介♡

【材料】
・クリームチーズ 200g
・生クリーム 200g(脂肪分の高い物がオススメ)
・卵 2個
・薄力粉 スプーン3杯
・砂糖 大きめのスプーンで山盛り3杯〜6杯(甘さはお好みで)
その他、レモン汁やバニラエッセンスがあればお好みで。

【作り方】
①電子レンジでクリームチーズを柔らかくする。
②材料を全て混ぜ合わせる。
③型に入れる。
④170度のオーブンで、45分焼く。
以上でOKです。

レシピ本などを見ると、卵とお砂糖を最初にかき混ぜて乳化させたり、最後に薄力粉をふるいにかけながら、さっくり混ぜるなどの工程があります。でも、全部混ぜて焼くだけでも十分美味しく作れますよ!

お家に型などがない方は、牛乳パックにクッキングペーパーやアルミホイルを敷いて型にしてもOKです。クリームチーズも生クリームも、大体1パックの分量が200gになっています。生地の分量を量る面倒が無いのも嬉しいですよね。

簡単チーズケーキのアレンジレシピ②スフレ状にする♡

基本のチーズケーキをマスターしたら、様々なバリエーションのチーズケーキを作ってみましょう!

最初にオススメするアレンジレシピは、ふわふわのスフレ生地。基本のチーズケーキはどちらかと言うと、どっしりとギュッと詰まったタイプのチーズケーキです。

スフレ状にすることで、ふんわりしっとりとした食べ応えのチーズケーキになります。その時の気分に合わせて、使い分けてみたいですね。

【アレンジ方法】
①卵を卵白と卵黄に分け、卵白のみをしっかりメレンゲ状に泡立てる。
②生クリームをしっかり泡立てる。
③クリームチーズと砂糖、薄力粉、卵黄を混ぜたら、泡立てた卵白と生クリームを入れて焼くだけ。

ふんわりと膨らむので、基本のチーズケーキの2倍の量が完成します。

簡単チーズケーキのアレンジレシピ③クランブルの台をプラス♡

お次のオススメアレンジは、チーズケーキの土台にザクザクとしたクッキークランブルの生地をプラスすること。チーズケーキの食感とは違ったアクセントや香ばしさが加わる事で、飽きの来ないチーズケーキを作れますよ♪

【アレンジ方法】
①基本の材料とは別に、市販のビスケットやクッキー、バターと少量の牛乳を用意。
②ジップロック袋などにビスケットやクッキーを入れて叩き割り、溶かしたバターと牛乳で生地がまとまる硬さにする。
③ケーキ型の1番下に、しっかりと押し付けながら土台を作る。
④チーズケーキの生地を流し入れて、焼けば完成。

取り出す際には、しっかりと冷やして型から取り出してくださいね。オレオクッキーなどを使うとココア風味が加わり、また違った美味しさを楽しめます。

簡単チーズケーキのアレンジレシピ④フレーバーをプラスする♡

最後のオススメアレンジレシピは、チーズ生地そのものにフレーバーをプラスすることです。

砂糖無しのココアパウダーや抹茶パウダーといった粉末タイプのものを使えば、簡単にアレンジできます。最近では、100円均一などでも様々な製菓用フレーバーパウダーが販売されていますので、色々な味に挑戦してみるのも楽しいですね。

他にも、冬にはカボチャやサツマイモのペーストを混ぜ合わせるのもオススメ♡どっしりとした、濃厚なチーズケーキを楽しめますよ(^^)
(カボチャやサツマイモは牛乳で伸ばして、チーズケーキ生地に入れてください。)

プレーン生地×フレーバー生地を適度に混ぜた、マーブル模様にするのも可愛いです!

いかがでしょう?とにかく無駄な工程を挟まず、ちゃちゃっと混ぜて焼くだけで作れるチーズケーキの簡単なレシピをご紹介しました。大雑把な私でも失敗した事が無いので、誰にでも作れると思いますよ♡

ポイントは、クリームチーズと生クリームはケチらず、質の良いものを買うこと!しっかり冷蔵庫で冷やして、型から取り出すことです。皆さんも是非、アレンジして作ってみてくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。