家庭菜園のコツも伝授!小松菜の簡単な育て方とは

グルメ・レシピ

家庭菜園を始めたばかりの方にぴったりな野菜「小松菜」は、おひたしや炒め物などにしても美味しいですよね。
発芽しやすく収穫までの期間が短いので、簡単に育てることができるんです。
その育て方とコツをご紹介していきます♪

簡単!家庭菜園のコツ☆小松菜の育て方〔1〕品種と栽培方法

引用:hk.oisix.com

小松菜は、小松川地区で栽培が盛んだった野菜で、程よい苦味とシャキシャキした食感が魅力です。

現在日本に流通している小松菜は、チンゲン菜などの中国野菜と交配し、品種改良されているものが主になっています。

家庭菜園で育てることも簡単で、初心者にも優しい野菜です。育てやすいおすすめの品種は「みすぎ」「楽天」「サラダ小松菜」などが挙げられますが、どの品種を選んでも問題なく育てることができるでしょう。

小松菜は周年栽培が可能ですが、初心者の方は春や夏に種まきをするのが栽培を成功させるコツです♪

簡単!家庭菜園のコツ☆小松菜の育て方〔2〕種まき

引用:plantersaien.com

使うコンテナは、深さ16cm以上あればプランターでも鉢でもOK。日当たりの良い場所で育てましょう。

ー種まきー
鉢底ネット、鉢底石をプランター(鉢)に敷き、野菜用培養土を8分目あたりまで入れます。表面を軽くならしたら、あらかじめ土にたっぷり水遣りをしておきます。

種のまき方は「すじまき」。支柱や棒などを使って、深さ約1cm、条間10~15cmのまき溝を作ります。その中に種を約1cm間隔でまいていき、土を浅くかぶせます。手で軽く押さえたら、再度たっぷり水遣りをして種まきの完了です!

☆間引きを兼ねて収穫する「ベビーリーフ」をたくさん採りたい方は、若干多めにまくのがコツ。
☆発芽するまでの間は、土が乾燥しないようにこまめに水遣りしましょう。

簡単!家庭菜園のコツ☆小松菜の育て方〔3〕管理の仕方

発芽したら、以下の管理をしていきましょう♪

ー害虫対策ー
小松菜に付きやすい虫は、アオムシやコナガなど。発芽~収穫間際まで、防虫ネットをかぶせておくと安心です。

ー水遣りー
土の表面が乾いたら、たっぷり水遣りをします。

ー間引きー
[1回目]本葉が1~2枚になったら、生育の悪いものから間引き、株間が3cmくらいになるようにします。

[2回目]本葉が3~4枚になったら、株間が5cmくらいになるように間引きましょう。
※間引いた菜はベビーリーフとして美味しくいただけます!

ー追肥ー
2回目の間引き後、化成肥料を施肥します。その後は様子を見ながら、必要があれば液肥で対応しましょう。

簡単!家庭菜園のコツ☆小松菜の育て方〔4〕収穫

引用:lifecaremag.com

春・秋にまいた小松菜は、だいたい45~60日で収穫時期を迎えます。草丈が20~25cmになっていれば収穫適期。ハサミで根元を切り取って収穫するか、株ごと引き抜いて収穫しましょう♪

収穫が遅れ、葉が大きく育つと味が落ちてしまいます。スーパーなどに売っている小松菜の大きさより小さめのサイズを目安に、収穫時期を見逃さないようにしましょう。

※夜、部屋の明かりがもれる場所で育てていると、日が長くなったと勘違いして「とう立ち」してしまうので光があたらないように注意してください。

簡単に栽培できる「小松菜」の育て方とそのコツをご紹介しました。
栽培に慣れてきたら、難しい品種にチャレンジしたり、違う野菜を植えてみたりして、家庭菜園生活を楽しんでみてくださいね♪