ママも一緒のプログラミング教育♪「はじめてのプログラミン」編

子育て・ライフスタイル

子供向けプログラミング教室が気になるママに、実際に教室で使われている教材を優しく、そして詳しくご紹介していきます。

今回は「プログラミン」で簡単なプログラムを作って遊んでみましょう。

「プログラミン」をおうちではじめよう!

「プログラミン」は、わざわざ教室に行かなくても、それぞれのご家庭で簡単にはじめることができます。

最低限必要なのは、ネットにつながるホームページが見られるパソコンです。
詳しい条件は文部科学省のこちらのページをごらんください。
http://www.mext.go.jp/programin/policy.html

スマホやiPadなどのタブレットでは、残念ですが利用できませんので、注意してくださいね。

それでは、さっそくプログラミンのサイトにアクセスしてみましょう。

しばらくは、ママが操作をしながらお子さんと画面を見ていきましょう。

お子さんが興味をもって自分でもやりたい様子だったら、どんどん触って貰いましょう。

文部科学省「プログラミン」サイト

こちらの画面が表示されましたか?

それでは、プログラミンで簡単なプログラムを作ってみましょう。

ちょうど中央あたりにある「プログラムをつくる」というボタンをクリックしてみましょう。

進むと、こちらの画面になります。

しばらくすると動画がはじまります。

切りがいいところで、「プログラムをつくる」をクリックしましょう。

こちらの画面まで進みましたか?

今はまだプログラムが1つもありませんが、作っていくと、この画面に登録されていく仕組みになっています。

どこでもよいのですが、左上の枠をクリックしてみましょう。

これが、プログラムを作っていくための画面となります。

画面中央には、可愛い犬のイラストがありますね。

画面の下に並んでいるキャラクター達が、前回でもご紹介した「プログラミン」です。

「プログラミン」を積んでみよう!

犬のイラストのところをよく見てみましょう。

「ココにプログラミンをドラッグ!」

と書かれているところがありますね。

プログラミンを選んで、マウスの左ボタンを押したまま移動させ、この場所まで来たらボタンを放すという動作ですね。

大人にはなんてことのない作業ですが、小さいお子さんの場合、マウスやタッチパッドの操作は、まだあまり上手ではありません。

最初のうちは、手を添えてあげたりしてくださいね。

ただし、すぐに慣れてしまうことが多いです。「ママは触らないで」と言われたら、どんどん1人でしてもらいましょう。

ではさっそく、プログラミンの中から「ミギーン」を選んで、この場所にドラッグしてみましょう。

左から2番目にある、右向きの矢印です。

ミギーンをドラッグし終わると、画面が少し変わります。

「1秒で100右にうごかす」

と書かれたブロックに変わりました。

これ1つだけだと少し寂しいので、さらに別のプログラミンを足してみましょう。

左から5つ目にある「ジャンピン」を探して下さい。

ブロックの上に「ジャンピン」をドラッグしてみましょう。積んでいくイメージですね。

積み終わると、ミギーンと同じようにブロックに変わります。

さらにこの上に、もう1つミギーンを積んでみましょう。

このように、3つのブロックが積まれた状態ができましたか?

それでは実際に、作ったプログラムを動かしてみましょう。

プログラムを動かしてみよう!

画面の右下に「さいせい」というアイコンがありますね。こちらをクリックしてください。

よく見ていて下さい。

犬のイラストが動いたのがわかりましたか?

もう一度動かしてみたいときは、「さいせい」の下にある「とまる」のアイコンをクリックすると元の画面に戻ります。

お子さんの反応を見ながら、何度か動かしてみるといいでしょう。

さて、ここまでの流れを動画にしておきましたので、ご覧下さい。

とても短いプログラムですが、犬のイラストを動かすことができましたか?

最後に大事なことを忘れずに。せっかく作ったので、ちゃんと「保存」しておきましょう。

画面の右上にある「ほぞん」のアイコンをクリックしてください。

これで保存することができました。

いかがでしたか?たった3行のプログラムですが、一通りの流れができました。

他のプログラミンを積むとどうなるか、親子でいろいろ試してみるのも楽しいですよ。

次回は、もっといろいろな表現をプログラミンで試してみましょう。