SNS投稿で使えるテク!自撮りを可愛く綺麗に撮る方法とは♪

美容

FacebookやInstagram、ブログなど、自撮りをする機会も増えていますよね。
特にママ達は、子供との2ショット写真などを撮ったりも……。
そんな時に、より可愛く綺麗に自撮りできるような、ちょっとした工夫をチェックしましょう!

綺麗に可愛く!自撮りできる方法① カメラの位置とベストな顔の角度を知る

基本的によく言われているのが、自撮りするときにカメラは少し上の位置から撮ること。

小顔効果と、目が大きく見える効果もあります。
さらに、年齢を重ねるにつれて気になってくる、たるみが軽減されます。

そして次に顔の角度。
これはまず、自分の顔の左右の作りを知ることが大切。

鏡を前に置いて、右を向き左を向きをしてみると、好きな方が分かってくると思います。
お気に入りの方の顔を、ぜひ斜め上から撮ってみてくださいね。

綺麗に可愛く!自撮りできる方法② 光を効果的に使う

出典:sei77.fc2web.com

スタジオで撮る時には基本、白バックでライトも左右から当て、外での撮影ではレフ板を当て、日光を上手く利用して顔を明るく見せます。

それと同じように、例えば自宅であれば、白いクッションや枕、窓の外の光、白壁を上手く使って、自分の顔が一番綺麗に映る場所を探したり、工夫してみてください。

自撮りを綺麗に撮るには、光は本当に重要になります。

綺麗に可愛く!自撮りできる方法③ 商品(物)を紹介したいときには

例えば、コスメなどの商品と自分を写真に収めたいとき。

「このマスカラはとっても良かった」などと商品を紹介したいときは、もちろん顔の横に持ってくるのも良いのですが、顔よりも少し前に商品を出してあげると、よりその商品が引き立ちます。

その際、少し商品を斜めに持ってみたり、持っている手のひらと指を綺麗に見せると美しいです。

綺麗に可愛く!自撮りできる方法④ 笑顔の度合いで表情が変わる

笑顔といっても、たくさん種類があります。

にこやかスマイル、大口開けて楽しげ、口角を少し上げる程度の微笑み、口角を思いっきりあげるけれども唇は閉じている元気な女性風。

また、歯を見せて美人スマイル、など様々な笑顔があるので、シチュエーションや気分などで変えてみると良いです。

自分では笑っているつもりでも、全然口角が上がってなかったり口が開いていないことも多いので、自撮りを綺麗に撮るなら鏡の前で笑顔の練習をするのもオススメです。

いかがでしたか?スマホとSNSの普及で、自撮りテクは皆さんお持ちだと思います。
ここではほんの少しのアドバイスで、さらに可愛く撮れる、と思っていただけたら嬉しいです。
ただ、自撮りを可愛く綺麗に撮る一番の方法は……撮ってるときは客観的に自分を見ず、恥ずかしさを捨てることですね(笑)

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。