"初めて"はここに注意!子どもとのお菓子作りのポイント&レシピ♡

子育て・ライフスタイル

「そろそろ子どもと一緒にお菓子作りをしてみたいな♡」と考えているママはいませんか?

楽しそうだけれども、不安がいっぱい!

子どもと一緒にお菓子作りをする際には、どんな点に注意すべきかというポイントと、一緒に取り組みやすいレシピをご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2016.09.06

暑い日にも最適!子どもとのお菓子作りは「手は自由に」がポイント

暑い日はなかなかお外でも遊べず、お家で遊ぶ機会が増える時期。

そんな時期を利用して、親子で初めてのお菓子作りにチャレンジしてみるのも楽しいですよね♪

2・3歳頃になると、子どもがしたい作業を好きにさせてあげるという姿勢が大切。

お菓子作りに関しても、ママはフォローしつつも「手は自由に」させてあげることがポイントです。

やり方を教えてあげようという気持ちで、子どもの手を持って誘導すると、「自分で(やる)!」とイヤがってしまうことも……。

思い切って手は自由に動かせるようにしてあげて、ママはボウルを支えるなどのフォローに回りましょう。

広い場所を選び、励ましの声掛けを忘れずに♡

子どもの手を自由にさせてあげるということは、材料をこぼしてしまったり、ボウルなどが思わぬところまで飛んで行ってしまう……という事態も考えられます。

そうなっても「もう!」とイライラせずに、楽しくお菓子作りを進められるよう、なるべく広いテーブルを選んで始めましょう。

他にも忘れてはいけないのが、「励ましの声掛け」です。

「トントンたたけたから、今度はコロコロ丸めてみよう♪」などというガイドや、「すごいね!上手にできたよ♪」という声掛けを意識的にしてみてください。

子どものやる気や意欲も、ぐんとアップしますよ♡

初めてのお菓子作りに最適な簡単面白レシピ① 「フローズンヨーグルト」

出典:www.recipe-blog.jp

2・3歳の子どもと一緒にお菓子作りをするのであれば、普段の遊びなどの延長線上で取り組むことが一番♪

ジップ付きのキッチン袋に材料を入れてもみほぐす作業は、子どもも楽しく取り組むことができますよ。

凍らせた後に飾り付ける作業も、子どもにとって大変刺激的なものです。

レシピはこちら♡

初めてのお菓子作りに最適な簡単面白レシピ② 「とうもろこし入り 焼きおにぎり」

出典:www.recipe-blog.jp

子どもが大好きな食材であるとうもろこしは、焼きおにぎりに入れると、さらに甘みを感じることができてオススメ♡

フィルムラップで包んでおにぎりを握るというのは、子どもにとって楽しい作業の一つです。

初めから上手に握るのは難しいので、まずは軽くママが握って塊を作り、それから子どもに渡して握らせるように誘導するのがオススメです。

レシピはこちら♡

初めてのお菓子作りに最適な簡単面白レシピ③ 「フルーツゼリー」

出典:www.recipe-blog.jp

熱湯を使うレシピなので注意が必要ですが、フルーツを使ったゼリーは、思っている以上に簡単に作ることができます。子どもと一緒にお菓子作りをする際にもオススメです。

水分をたっぷりととれるお菓子なので、暑い時期のおやつにも最適ですよね♡

子どもの好きな果物を使用すれば、作るときのワクワク感も倍増です。

レシピはこちら♡

「うちの子にはまだ早いかな?」なんて思わず、まずは簡単なレシピからチャレンジしてみてください。

「自分で作ったおやつ」の味は格別♡

子どもの喜ぶ顔を見ると、ママもまた一緒に作りたいと思えますよ♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。