あなたは大丈夫?30代にふさわしい”引き算メイク”のテクニック♪

美容

30代になって、ママになって……でも、メイクは20代のまま、という方はいませんか?
メイクは、年齢とともに足し算、引き算をしなくてはいけないもの。大人が心得ておきたいメイクのテクニックをご紹介します。

30代らしい”引き算メイク”のテクニック①ベースメイク

まず見直したいのが、ベースメイクです。
大人の肌は、20代よりも乾燥しがちになりますし、血色も悪くなります。かといって、ベタッとファンデーションを厚塗りすると、余計に老けて見えてしまうことも。

ベースメイクをする時の”引き算メイク”のテクニックは、下地です。
ファンデーションの前の下地は、血色をよく見せてくれ、肌色コントロールのできるものを選びましょう。また、コンシーラーもしっかり使って、目元のくすみもカバーします。

これだけで、ファンデーションは薄塗りでも、整った大人の肌を手に入れることができますよ。

30代らしい”引き算メイク”のテクニック②まゆ毛

次にご紹介したいのが、まゆのメイクです。

30代の女性は、多くの方が細眉ブームを経験しています。ですので、その時の影響で、自分の眉毛を抜いてしまった方、その後、眉毛が生えてこなくなった方もいらっしゃると思います。

今は、自然な太さのナチュラルな眉毛がブームです。
まゆの形だけで、顔の印象はかなり変わりますし、トレンド感も出しやすい部分。ここは、細眉を書き足して、自然な太さを演出したいですね。

30代らしい”引き算メイク”のテクニック③まつ毛

次にご紹介したいのが、まつ毛のメイクです。

つけまつ毛や、まつ毛エクステをされている方もいらっしゃると思いますが、もし、年相応のメイクを求めているなら、変革が必要です。

自分にないものを無理して足すのは、不自然なメイクの元です。しっかりとまつ毛の育毛を行って、ご自分のまつ毛をしっかりと生やしていきましょう。

また、アイメイクも自然な感じにしたいもの。アイラインしっかりのメイクは、もう似合わないかも……?

引き算メイクで、茶のマスカラやアイラインに変えてみると、すっきりと優しく、垢抜けて見えますよ。

30代らしい”引き算メイク”のテクニック④チーク

最後にご紹介する”引き算メイク”のテクニックが、チークです。

チークは本来、ベースメイクをすることによって、頬の上気が分からなくなってしまい、のっぺりした印象になってしまうのを補うために入れるものです。目の下あたりに入れるのも流行りましたが、それは20代まで!

30代の大人なら、笑ったときに自然に高くなる位置に、ふんわりと上気したように入れるのが、自然で素敵です。

無理をして、目の下に入れる必要はありません!チークを頬の自然な位置に入れることで、立体感と、優しい表情が生まれますよ。

いかがでしたか?これまで足し算メイクばかりをしていたなら、引き算メイクも覚えるのが30代の大人です。ぜひ、大人のメイクを手に入れて、ありのままの素敵な自分に出会ってみませんか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。