「ベビーゲート」の手作りで節約♪簡単おしゃれなDIYアイデア5つ

子育て・ライフスタイル

ハイハイを始めたら、子どもの行動範囲は親の想像を超えるものに。

家の中は、赤ちゃんにとって思わぬ危険があるため、子どもを守るためのベビーゲートは欠かせませんよね。

しかし、既製品のベビーゲートはお値段もそれなり……手作りをして節約してみませんか?

手軽に作れるベビーゲートのDIYアイデアをご紹介します♡

Yui.O
Yui.O
2017.03.17

ベビーゲートの手作りで節約♪DIYアイデア①「スノコ」

ホームセンターなどでも気軽に手に入れられるスノコは、DIYの強い味方。

テレビ周りや、キッチンへの入り口などにネジで止めればOK♡

四方を囲んだとしても、数千円程度で納まります。家計にも優しいのは嬉しいところですね。

ただし、設置する際にはきちんと倒れないように固定することを忘れずに!

ベビーゲートの手作りで節約♪DIYアイデア②「布」

出典:thediyplaybook.com

布を使って作るベビーゲートは、余り布やバスタオル、お気に入りのファブリックなどで、お部屋とのコーディネートも楽しめます♡

万が一赤ちゃんが倒れこんだとしても、布なので安心ですね。

四隅にループをつけて、フックに引っ掛けるようにして作りましょう。

詳しい作り方は、動画でも紹介されています。参考にしてみてくださいね♪

ベビーゲートの手作りで節約♪DIYアイデア③「ワイヤーネット」

こちらもお手軽に手に入れられる素材、「ワイヤーネット」を使ったベビーゲートです。

ワイヤーが赤ちゃんに刺さらないように、きちんとワイヤーの隅がカバーされているものを選ぶのが鉄則!

おもちゃなどを引っ掛けたりすれば、見た目も可愛いベビーゲートになります。

ベビーゲートの手作りで節約♪DIYアイデア④「ワイヤーネット+布」

剥き出しのワイヤーネットではなんだか寂しい……という場合には、布でカバーを付ければ解決♪

家具と家具の間に立てかけたり、結束バンドで固定すれば安心ですね。

ベビーゲートの手作りで節約♪DIYアイデア⑤「突っ張り棒+布」

収納ツールとしても欠かせない突っ張り棒は、2本使えば立派なベビーゲートに。

壁と壁の間にベビーゲートを置きたい場合に便利です。

筒状に縫った布に突っ張り棒を通せば完成。

お裁縫が得意ではない方でも簡単に作れますよ♪

赤ちゃんの安全対策に欠かせないベビーゲートも、簡単にDIYできます。節約のためにも、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

ただし赤ちゃんの安全を考えて、尖っていたり、重くて倒れやすいものなどは、しっかりと保護・対策をすることを忘れずに!

可愛いベビーゲートで、安心の我が家を作りましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。