妊娠中のカフェインはやっぱり体に毒?!避けるべき本当の理由とは

妊娠中のカフェインはやっぱり体に毒?!避けるべき本当の理由とは

妊娠をした瞬間から、”体を冷やさないように”という基本的なことから、自転車に乗らない、ジェットコースターに乗らない……などの乗り物制限まで、ママには我慢をしなければならないことがたくさん。

そんな中でも、ママの大きなストレスになるのが、食事制限ではないでしょうか?

生物は避けたほうがよい。アルコールはもちろんダメ。栄養のあるものをしっかり食べつつ、体重の増え過ぎには注意。タバコは問題外。甘い物の食べ過ぎは、妊娠糖尿病や妊娠高血圧の原因に。

さらにはノンカフェインのドリンクを……と、一体どこまで気をつけたらいいの?と発狂してしまいたくなる方も、いらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、”妊娠中における、カフェインの摂取リスク”についてご紹介させていただきます。

妊娠中のカフェインは体に毒?:どうしてカフェイン摂取はいけないの?

まず、”妊娠中はカフェイン摂取を避けた方が良い”と言われる原因から、見ていきましょう。

カフェインには、中枢神経を刺激・興奮させる作用があります。過度に摂取することで、寝付きが悪くなったり、脈や呼吸が促進されたり、精神興奮状態が続いてしまう可能性があるのです。

また、利尿作用を促進する効果もあり、体の水分を体外に排出し過ぎてしまったり、妊娠中に多く摂りたいカルシウムの吸収を、阻害してしまう可能性もあるのです。

そのほかにも、鉄分の吸収を妨げることもあるので、貧血気味の方は要注意です。

もちろん、これらの悪影響は、過度にカフェイン摂取をしてしまった場合です。

通常の飲み方であれば問題ないのでは?と思いますが、妊娠中は、体自体が通常の状態ではありません。

妊娠中は、カフェインの分解機能が弱まってしまうため、長い間、体内にカフェインが止まることとなります。通常であれば問題のない量であっても、その何倍ものカフェインが体に蓄積されることとなるのです。

また厄介なことに、カフェインは、胎盤を通じて赤ちゃんの体の中にも届きます。

まだお腹にいる赤ちゃんは、身体機能が未熟なため、カフェインの分解がほとんどできていない状態。

そんな状態のまま、ママがカフェインを取り続けてしまうことで、どんどんと赤ちゃんの体にカフェインが蓄積されてしまうのです。

妊娠中のカフェインは体に毒?:妊娠中のカフェイン摂取は一切NG?

とは言え、実際に赤ちゃんに影響を及ぼすのは、カフェインを毎日、大量に摂取し続けた場合と言われています。

実際に危険と言われるカフェイン摂取量は、毎日1000mgを摂り続けた場合……と言われていて、1000mgとはブラックコーヒーで10杯程。これを妊娠中に毎日、飲み続けた場合です。

カフェインを適度に摂取している分には、赤ちゃんへの影響はないとされており、アメリカなどでは、1日300mg程度、日本では、150mg〜200mg程度はOKとされ、国によっても考え方が違うのが実情。

また、適度なカフェインは、気持ちの切り替えやリラックス効果を期待できたり、妊娠中にありがちな頭痛を防いでくれる効果まで、期待できるのです。

「妊娠中だからカフェインは摂れない!」
「大好きなコーヒーだけれど、妊娠しているから我慢しなければ。」

と、ストレスをためる位なら、1日にブラックコーヒー2杯程度をリラックスして飲む方が、よっぽど体に良いともされているんですよ。

妊娠中のカフェインは体に毒?:カフェイン含有量をcheck!

実際に、どの飲み物にどの位のカフェインが入っているか、なかなか分かりませんよね。

含有量を下記にまとめましたので、参考にしてみてください。

【カフェイン含有量】
・玉露⇨150〜200mg
・コーヒー⇨50~150mg
・紅茶⇨30〜80mg
・煎茶⇨20~40mg
・ウーロン茶⇨20~40mg
・ほうじ茶⇨20~40mg
・抹茶⇨40〜50mg
・ココア⇨20~45mg
・コーラ(350ml缶中)⇨30〜40mg
・チョコレート(50g中)⇨0〜30mg

※飲み物類は、ティーカップ1杯程度の量に含まれているカフェイン量を表しています。

実際に見てみると、カフェイン量が多いと思われがちなコーヒーに比べ、玉露のカフェイン量が多いことに驚きます。また、コーラやチョコレートにもカフェインが含まれていることも、なかなか知られていないのではないでしょうか?

ですが、量を見てみると、そこまで頑なにカフェインを控える必要はないようにも感じます。

最近では、ノンカフェインのコーヒーのほか、緑茶や紅茶などもスーパーで手に入りやすくなってきました。また、麦茶やルイボスティーなどには、カフェインが一切含まれていません。

そのようなノンカフェインのドリンクと合わせながら、適度にカフェインを摂取し、ストレスの少ない妊婦生活を送っていけたら良いですね。
いかがでしょう?妊娠中だからといって、カフェイン摂取がNGなわけではありません。カフェインの入った飲み物をいただく際には、適度な量を守れば大丈夫。

また、しっかりとお食事の栄養が、ママや赤ちゃんの体へ伝わるように、食事中から食後30分までは、カフェイン含有のドリンクを飲まないようにするのがオススメですよ。

カフェイン 妊娠中 妊娠中 妊婦 ノンカフェイン

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

牧村麻美

学生時代から読者モデルやお天気キャスターなどの活動をしており、現在はママ雑誌の読者モデルやヘア撮影…

>もっとみる