『どう選ぶ?どこで買う?』難しい赤ちゃんの肌着選びを解決します!

子育て・ライフスタイル

「寒い」、「暑い」などと言葉で意思を伝えることができない赤ちゃんの肌着選びは、とても難しいもの。
どんな点に気をつけて、どうやって選ぶのが正解?スナップ付きのロンパースタイプとプルオーバータイプは、どっちを選ぶべき?発熱性のインナーって必要なの?
そんな疑問を解決しつつ、オススメの赤ちゃんの肌着を4種類に分けてご紹介します。

赤ちゃんのオススメ肌着①赤ちゃんの肌着は、基本は半袖でOK!

出典:www.petit-bateau.co.jp

いつの季節も、赤ちゃんの肌着選びは難しいもの。特に冷え込む冬は、赤ちゃんが冷えたら大変!と、必要以上に厚着をさせてしまうケースが目立ちますが、厚着をさせすぎてしまうと、脱水症状の危険もあるので要注意です。

実は赤ちゃんの肌着は、冬でも基本的には半袖でOKなんです♪なぜなら、赤ちゃんは大人と比べて体温が高い上に、常に動いていて暖かいからです。

「大人が着ている枚数-1枚」というのが、赤ちゃんに着せる洋服の枚数の目安だと言われています。肌着は半袖が前提になりますので、これから赤ちゃんの肌着を購入する方は、まずは半袖を用意しておきましょう。

ホワイト半袖ボディ2枚組

¥2,592

販売サイトをチェック

赤ちゃんのオススメ肌着②スナップ付きのロンパースとプルオーバータイプは、どっちを選ぶべき?

出典:akachan.omni7.jp

赤ちゃんの肌着って、股の部分にスナップがついているロンパースタイプのものと、そうでないプルオーバータイプのものがありますよね。これは、一体どんな点に注目して選ぶべきなのでしょうか。

見分け方の目安は、2通りあります。まずは、赤ちゃんが「ハイハイ期」か「あんよ期」かということ。

ハイハイをしている赤ちゃんは、お腹周りを常によじるようにして動かしているので、ロンパースタイプを選んでおかないと、すぐにお腹を露出した状態になってしまい、冷えの原因になってしまいます。

もう一つの目安は、トイレトレーニングをしているかということ。
トイトレを始めている赤ちゃんの場合、スナップ付きのロンパースタイプの肌着を着ていると、手間がかかってしまったり、トイレで汚してしまう可能性が高くなってしまいます。

何が正解、ということはありませんが、こうした目安を意識しながら選ぶと参考になりますよ☆

長袖丸首シャツ カラーインナー

¥388

販売サイトをチェック

赤ちゃんのオススメ肌着③発熱性のインナーは不要!コットン100%のものを数枚用意しよう☆

出典:www.24028.jp

大人である私たちは、寒い季節は発熱性の機能のある素材のインナーが欠かせません。赤ちゃんも同じように、寒いから発熱性のインナーを着せてあげたほうが良いのでは?と、悩んだ経験のあるママはいませんか?

基本的には、赤ちゃんには発熱性の素材のインナーは必要ありません。なぜなら、発熱性のインナーには化学繊維が含まれているので、汗っかきの赤ちゃんのお肌には、あまり適しているとは言えないのです。

やはり赤ちゃんのインナーに適している素材は、コットン100%のもの♡
こだわりのあるコットンを使用した、こちらの西松屋のカリフォルニアコットンシリーズがオススメです。

汗をかいてしまったり、食べこぼしの多い赤ちゃんのことを配慮して、コットン100%のインナーを数枚用意しておくと安心です。

ベビー女児2枚組半袖肌着

¥679

販売サイトをチェック

赤ちゃんのオススメ肌着④どうしても寒い!そんな時はコットン素材の裏起毛がオススメ♡

出典:www.petit-bateau.co.jp

発熱性の機能のインナーは不要でも、凍えるように寒い日は、やっぱり赤ちゃんもコットンの肌着では寒いのでは!?と、どうしても心配になってしまう日には、コットンを使用した裏起毛素材の肌着がオススメです。

プチバトーは、上質なコットンを使用し、ベビー服や肌着の質の高さに定評のあるブランドとして有名です。こちらの裏起毛の肌着も、お肌に優しいコットン100%でできていますよ♡

裏起毛パステルプリント長袖ボディ

¥2,268

販売サイトをチェック

赤ちゃんの肌着選びは難しく、どこでどんなものを買おう?と悩んでしまうママも少なくないと思います。実際に私も、育児初心者だった去年は同じ悩みを持つうちの一人でした。
私も子育て2年目、少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。