海外旅行でトラブルを回避するために。自分の身を守る4つのポイント

楽しい海外旅行。せっかくなら、初めから終わりまで楽しく過ごしたいもの。ところが、日本人の方は、海外に行くと目立ちやすく、その分、狙われてしまいやすいのです。

今回は、海外旅行時に自分の身を守るために気をつけたいポイントを、ご紹介いたします。

海外旅行で自分の身を守るポイント①ネイルはシンプルに

www.lovethispic.com

海外に行くときは、ネイルをその国っぽい雰囲気に変えたい!と思いがち。でもこれは、NGです。

凝ったアートのネイルは、あなたのお財布を狙うスリたちに、「私は日本人です!ブランドものを買いにきました!」と言っているようなもの。

“郷に入っては郷に従え”という言葉があります。海外の女性は、ワンカラーやフレンチネイルが多く、日本人のように凝ったネイルをしている方は、少ない印象です。

ご自分の身を守るためにも、ネイルはワンカラーorフレンチにしておきましょう。

海外旅行で自分の身を守るポイント②バッグ選びには気をつけよう

海外旅行のとき、バッグ選びの基準はありますか?日本人の観光客を客観的に見ると、カバンが大きいように感じます。

「何をそんなに持っているの?」と、目を丸くしている外国の方もチラホラ。見るからにバックパッカーならいいんです。でも、そのカバンには、ポーチやカメラ、財布、パスポートなどがたくさん入っていませんか?

バッグにたくさんものが入っていると、お財布が無くなってもすぐに気づきません。また、こなれ感が出ていないので、「私は観光客です!」と自ら言っているようなもの。

海外の方では、見るからにお仕事という方や、バックパッカー以外は、カバンが小さめなことに気づきます。狙われないように、カバンは小さめにしましょう。クラッチにエコバッグでOKです。

現地に何年も住んでいる日本人があまり狙われないのは、外国人に馴染んでいるから。ぜひ海外旅行に行かれる際には、見習ってみましょう。

海外旅行で自分の身を守るポイント③ジュエリーは控えて

exclusivejewelry.wordpress.com

コスチュームジュエリー(本物のダイヤモンドのように見えるけど、実はジルコニアの旅用アクセサリー)が存在するほど、旅先に高価なジュエリーを持っていくのは、NGです。

理由は、以下の2つです。
①強盗に狙われる
②無くしても探す時間が限られる

フランスで高価な指輪を無くした方は、「つけて街を歩いてる君が悪いよ」と現地の方に言われたそうです。

そうなんです。つけなければ、狙われることはありません。
“高価なジュエリーはつけるな”とは言いません。でも、TPOに合っていますか?

ダイヤモンドやキラキラしたアクセサリーをつけてもOKな格好で行くのは、大体がパーティー。しかも車で会場入りして、会場内のセキュリティがバッチリな場合です。

普通のアクセサリーで、おしゃれは楽しめるはず。海外旅行だからといって、気合を入れすぎないように気をつけましょう。

海外旅行で自分の身を守るポイント④他人の飲み物は飲まない

www.slate.com

「こんなの当たり前!絶対しないから大丈夫!」と思っている方はいませんか?

海外の子は、バーテンダーから出てきた飲み物しか、絶対に飲みません。そのように育てられているからです。

一方で、平和慣れしている日本の女性は、隙がありすぎです!
バーでちょっと声をかけられて優しかったから、「良かったら飲む?」と言われると、すんなり飲んでいることが多いのです。

これは、お酒だけとは限りません!コーヒーや紅茶、オレンジジュースもそうです。“飲み物は、バーテンダーから出されたものだけを飲む”、これは鉄則です。

「自分の身は自分で守る」海外でお金や所持品を盗まれても、もう自業自得としか言いようがありません。
いかがでしたか?
今回は、当たり前のようでも、改めて知っておきたいポイントをご紹介しました。
要は、郷に入っては郷に従え。TPOをわきまえて、不要なトラブルを避け、楽しい海外旅行にしたいですね。

海外旅行 身を守る ポイント コスチュームジュエリー スリ バー

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

MEG.

こんにちは♡
普段は都内で金融系の会社に勤めるOLです。

幼い頃から留学やホームステ…

>もっとみる