時間がない夕飯に!子どもも喜ぶ簡単ボリューミーな丼物レシピ4選

グルメ・レシピ

準備時間が少ない日のお夕飯って、どうしていますか?
一汁三菜の食卓が望ましいですが、準備をする時間がないほど忙しい日だってありますよね。
今回は、そんな時にオススメな簡単にできる丼物レシピをご紹介します。

時短!丼物の簡単レシピ① なすとひき肉の味噌炒め丼

出典:cookpad.com

まずご紹介する丼物の簡単レシピは、なすとひき肉の味噌炒め丼。

<材料>
・なす
・鶏ひき肉
・ピーマン
・玉ねぎ
・トマト
・ごま油
A 味噌
A 醤油
A 料理酒

<作り方>
① なすは一口サイズ、ピーマンと玉ねぎは大きめのみじん切りにする。
② ごま油をフライパンで温めて、ひき肉を炒める。
③ ②に火が通ったら、①で切った野菜を入れて再び炒める。
④ Aを混ぜ合わせて、フライパンに入れる。
⑤ ご飯の上に盛りつけたら、細かく切ったトマトを上にのせる。

今が旬な夏野菜のなすとピーマンが美味しい、時間がなくてもササッと作れる簡単丼物メニューです。
子ども用と一緒に途中まで作ったら大人用に取り分けて、大人向けに豆板醤を入れ、少し辛くしてもスタミナが付きそうで美味しいですよ♡

夏休みのお家ランチメニューにもぴったりです。
写真のように、温泉卵をのせてもgoodです!

時短!丼物の簡単レシピ② うなぎの混ぜ丼

出典:www.recipe-blog.jp

次にご紹介する丼物の簡単レシピは、うなぎの混ぜ丼。

<材料>
・うなぎの蒲焼
・ご飯
・寿司酢
・いり白ごま
・きゅうり
・塩
・みょうが

<作り方>
① お米はやや少なめの水加減で炊く。
② ①が熱いうちに寿司酢を混ぜ合わせて、白ごまを加える。
③ うなぎを温めて、食べやすい大きさに切る。
④ きゅうりは薄切りにし、塩もみをして水気を切っておく。みょうがは薄切りにする。
⑤ 全てを合わせたらサッと混ぜ、器に盛る。

このレシピで押さえておきたい点は、ご飯が熱いうちに寿司酢を回しかけること♡
値段が高騰しているうなぎも、混ぜ寿司風にしてしまえば、1.5尾くらいで済んでしまうのでかなりリーズナブルに楽しむことができちゃいます!
またミョウガを使うのでサッパリとした味わいになり、夏にも重たくなく美味しく食べられる丼物メニューです。

時短!丼物の簡単レシピ③ ヘルシー豆腐丼

出典:www.recipe-blog.jp

続いてご紹介する丼物の簡単レシピは、ヘルシー豆腐丼。

<材料>
・豆腐
・卵
・海苔
・麺つゆ
・お水
・ご飯

<作り方>
① フライパン(またはお鍋)に麺つゆとお水を入れて煮立たせる。
② ①に豆腐を入れる。きちんと切って入れなくても、スプーンで粗めにすくって入れてもOKです。
③ ②が煮立ったら、溶いた卵を入れる。
④ 全体に火が回り、お好きな固さになったらご飯の上に盛り付ける。
⑤ 最後に刻み海苔をかけたら、完成です!

こちらは、帰宅の遅いご主人用に作ることをオススメしたい、簡単丼物レシピです。
お豆腐をたっぷりと使ったメニューなので、とってもヘルシー。そしてボリュームもあるので、夜遅くに食べても不思議と罪悪感が生まれない……かも♡
味付けは和風ベースでも中華ベースでも美味しいので、お気に入りの味付けを見つけてくださいね!

時短!丼物の簡単レシピ④ カニかまと卵の丼

出典:www.recipe-blog.jp

最後にご紹介する丼物の簡単レシピは、カニかまと卵の丼。

<材料>
・卵
・カニかま
・ネギ
・ご飯
A 砂糖
A 料理酒
A 醤油
・マヨネーズ

<作り方>
① ネギは小口切りにし、カニかまは裂いておく。
② 溶き卵に①を加えたら、マヨネーズを加える。マヨネーズを加えると、ふんわり仕上がります。
③ フライパンで油を温めたら、②を流し入れ、菜箸で切るように混ぜたら、Aを加えて味を整える。
④ ご飯に③をのせたら完成です。

この丼物のポイントは溶き卵にマヨネーズを加えて、ふんわりと仕上げるところです。
溶き卵に入れたマヨネーズが油の代わりにもなるので、フライパンやお鍋に使うサラダ油は控えめにしても大丈夫です。
カニかまを裂いて入れることで彩りがかなりUPするので、簡単に作れるのに短時間で作ったメニューとは思えない美味しい丼物になりますよ。

いかがでしたか?
今回は、簡単にできる丼物メニューをご紹介しました。
どれも簡単にできるので、夏休みのランチメニューにもオススメですよ♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。