毎日でも食べたい!「黒豆」の栄養に含まれた嬉しい効果とは?

黒豆というと、おせちに入っている煮豆を思い浮かべる方が多いですよね。
そのため、気付けばお正月にしか食べていない…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな黒豆は、実は沢山の嬉しい栄養価が含まれており、毎日の献立に是非とも取り入れてほしい食材でもあるのです♪

黒豆の栄養に含まれた嬉しい効果①美肌♡

黒豆には、大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、お肌の活性化に必要なコラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける美肌効果が期待できます。

そして、便秘解消に効果的!腸内環境が整っていないと肌荒れに繋がってしまうので、黒豆を積極的に摂ることは、身体にもお肌にも大切なことなのです☆

また、乾燥しがちな冬場の肌には潤いを与え、たるみの改善にも効果的!更には細胞の酸化を抑制してくれる、アンチエイジング効果もあるんですよ♪

黒豆の栄養に含まれた嬉しい効果②目の疲れ予防

日々の生活で、スマホやPCを沢山見ていると、どうしても目の疲れが溜まりがちになりますよね。

目の疲れは充血だけでなく、頭痛や肩こりに繋がり、毎日の生活に支障をきたす場合も多く見受けられます。

一般的に、目の疲れを改善すると言われているアントシアニンは、ブルーベリーに多く含まれることが有名ですが、実は黒豆の栄養にも、このアントシアニンが豊富に含まれているのです!

ブルーベリーは、ジャムやスイーツにして頂くことが多いので糖質が気になりますが、黒豆ならば、安心してその栄養価を丸ごと頂くことができますね♡

黒豆の栄養に含まれた嬉しい効果③脳の活性化

なんとなく頭が働かなかったり、記憶力が低下して集中できない…なんて時はありませんか?

そんな時にも、脳の活性化を助ける黒豆がオススメ!
黒豆に含まれるレシチンには、脳細胞の神経細胞膜を形成する働きがあります。そのため、記憶力の向上や集中力UPには、欠かせない食材です。

さらには、イライラや不眠症の解消にも役立ってくれるので、脳を休めたいときには、積極的に黒豆を食べるようにしましょう♪

黒豆のオススメの食べ方は?

黒豆というと、どうしてもおせちに入っているような煮豆を想像しがち。しかし、それ以外にも美味しく頂く方法は、沢山有ります♪

例えば、柔らかくした黒豆を人参やタマネギと一緒にかき揚げにしたり、納豆と混ぜて冷奴にかけて頂くのもオススメ☆

卵焼きやコロッケなどの具材に入れると、食感がアクセントになったり、トマトソースに加えて洋風に仕上げるのも◎

チーズとの相性も抜群なので、ナッツと一緒にトーストにのせて、朝食で食べるのも手軽ですね!
いかがでしたでしょうか?
煮豆以外ではあまり食べない、黒豆の嬉しい効果とオススメレシピをご紹介しました♪
いつものお料理に加えるだけでも、黒豆の嬉しい効果を頂くことができるので、是非参考にしてみてくださいね。

黒豆 栄養 効果 美肌 目の疲れ レシピ グルメ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

平林玲美

料理研究家・フードアナリストの平林玲美です。
食の親善大使 食のなでしこ 2014年度グランプリ♡…

>もっとみる