大人の余裕は"透明感"がカギ♡「ハーフ顔メイク」のコツ

平面的な顔の日本人は、彫りが深く透明感のあるハーフ顔に憧れますよね。

メイクでハーフ顔に近づきたい!と思っても、ついやり過ぎて、ただの濃いメイクになってしまったり、顔が浮いた印象になってしまったりと、なかなか難しいもの。

そこで今回は、ハーフ顔メイクをする際に大人が参考にしたいポイントをご紹介します。

ハーフ顔メイクのコツ①透明感のある肌を作る

イエローベースが多い日本人の肌と違い、ハーフの方の肌は、透明感のあるブルーベースの場合が多いです。

肌の色をハーフ顔に近づけるためには、下地でカラーコントロールをしましょう。

下地のカラーは、パープル、ブルー、ピンクがおすすめです。

明るさや色味が、元々の肌色とあまりにもかけ離れていると、顔だけが浮いて見えてしまうため、注意が必要です。

また、下地は顔だけでなく首の方まで伸ばして、自然になじませるようにしましょう。

ファンデーションの色も、オークル系よりはピンクベージュ系を選ぶと◎

ただし、ここでファンデーションの厚塗りは厳禁。

気になるシミやくすみなどはコンシーラーでカバーするようにし、全体はできるだけ薄塗りを心がけると、透明感のある仕上がりになります。

ハーフ顔メイクのコツ②色素の薄いアイメイクを作る

ハーフの方は、元々の色素が薄いことが特徴です。

そのため、目鼻立ちをはっきりさせようとするあまり、濃い色のアイメイクを使うと逆効果に!

アイラインやマスカラ、アイブロウは、明るめのブラウンを選ぶと、抜け感のあるハーフ顔っぽさが表現しやすくなります。

何もつけないのではなく、「肌になじむ明るい色をきちんと入れること」が大事です。

アイラインは、目頭まできちんと引くことがポイント。さらに目の大きさを強調したい場合は、目頭の部分に「く」の字になるように入れます。

まつ毛は、ビューラーでくるんとカールさせた後、たっぷりマスカラをつけるようにしましょう。

アイシャドウもナチュラルなブラウンにすると、さらに統一感が出ます。

ハーフ顔メイクのコツ③目と眉の幅を狭くする

もうひとつ、ハーフ顔の特徴として挙げられるのは、目と眉の距離が近いこと。

この特徴を表現するには、眉毛の下側をアイブロウペンシルで描き足しましょう。ほんの2ミリほど足すだけで、驚くほど印象が変わります。

この時に、あまり濃い色を使うと「のり眉」になってしまうので、少し明るめのブラウンを使いましょう。

さらに、自然に仕上げるため、最後はパウダーでぼかします。

元々の眉の色が暗い方は、眉マスカラを使ってブラウンにすると、よりハーフっぽい雰囲気が出せますよ。

ハーフ顔メイクのコツ④カラコンはナチュラルなものを

ハーフ顔を作るための一番簡単な方法が、カラーコンタクトレンズを使うことです。

自分の雰囲気にぴったりハマるカラコンを見つけられたら、ハーフ顔メイクはほぼ成功するといっても過言ではないほど。

カラコン選びで大切なのは、あまり奇抜なカラーを選ばないこと。

瞳だけが浮いてしまうと、ギャルっぽい若々しい印象になりすぎてしまい、日本人感が強調されて逆効果になりかねません。

選ぶなら、自分の瞳の色よりも少し明るいくらいのブラウンが無難です。

また、レンズのサークルラインは、あまりくっきりし過ぎないタイプを選びましょう。その方が、より自然に目になじみます。
彫りの深いハーフ顔になるようにと、不自然に陰影をつけるよりも、ハーフ顔の特徴を捉えて、よりナチュラルな大人メイクを意識するのがコツ。

今回ご紹介した方法は失敗も少ないので、メイクに自信がない……という方もぜひ、大人のハーフ顔メイクにトライしてみて下さいね♡

ハーフ顔 メイク コツ 透明感 方法

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

奥島 美帆

『美は、心・技・体。』を掲げる美容研究家。

早稲田大学大学院卒。
運動生理学・…

>もっとみる