SNSで報告しよう♪大人の部活が今ひそかにブームなんです♡

ファッション

皆さんは学生時代、どんな部活に所属していましたか?
大人になって、すっかり学生の頃の気持ちを忘れかけてしまっていますが、今《大人の部活》がブームになっているんです!
活動内容は様々ですが、学生時代とは違って活動内容も本格的。
普段の息抜きに、久しぶりに部活動を行うのも楽しいですよ♪

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2015.09.05

SNSでブームの「大人の部活」① ボランティアの除雪作業から始まりました♪

学生時代のように、複数人数で集まって同じ趣味を共有する。
それが《大人の部活》の共通ルールですが、ここまでブームになるともはや社会現象になりそうな勢いですよね!

今ブームになっているこの《大人の部活》ですが、もともと発祥はボランティアの除雪作業だったんです。
積雪の被害が多く、住民だけでの除雪作業には限界がある……。
そんな時にボランティアで複数人数が集まり、「除雪部」と名付け、活動をし、様々な活躍を見せました。

これをきっかけに、最近ではSNSで《大人の部活》の活動内容を報告するという場面を多々目にします。
趣味を活動にしても良いし、ボランティアの集いでも良いし、《大人の部活》は様々なバリエーションがあるんです。

SNSでブームの「大人の部活」② 部室の貸し出しもアリ!

部活と言えば、やっぱり「部室」は欠かせませんよね!
大人の部活にも、部室はちゃんとあるんです☆

「BUKATSUDO(ブカツドウ)」という民間が運営する施設では、大人の部活に計13室の部室を提供しているんです。

月額5万~11万5000円で借りることが出来るのですが、さすが「大人」の部活!
費用は惜しまず使い、趣味を楽しむ傾向にあるのが良くわかります。

ココでは現在約20もの部活が活動を行っており、会社帰りに活動のために集まったり、まるで「隠れ家」的存在になっているんです。

SNSでブームの「大人の部活」③ 部活の種類は様々です

ボランティアで始まった「除雪部」からどんどん枝が広がってゆき、今では市町村をあげて《大人の部活》に取り組むケースも少なくないんです。

特に、大人の部活の活動が盛んなのが前橋市です。
前橋市では様々な種類の部活が活動しています。

「トレラン部」と名がつくのは山道を走るトレイルランニングを行っている部活動。
他にも、前橋市内で活動をするアイドルユニットをプロデュースする「アイドル部」や、各自でジオラマや模型を作製し、それを持ち寄って鑑賞したり、イベントに出店したりする活動を行う「ジオラマ部」、芋煮会などのイベントを開催し、その寄付金を被災地に寄付している「ふくしま部」など、そのバリエーションがとても豊富なんです。

前橋市の例にならって、様々な活動を始める市町村が増えているので、自分の地域でどんな活動を行っているか探してみても楽しいですよ。

SNSでブームの「大人の部活」④ 活動内容はSNSでのアップが主流♪

市町村をあげて取り組む《大人の部活》もあれば、仲間内で趣味の延長で発足する《大人の部活》もあり、その形態はさまざま。

その中でも共通して言えることは、「活動内容はSNSでアップ」ということなんです。
仲間で発足した趣味である《大人の部活》の場合は、SNSにアップして楽しむという目的がありますが、市町村をあげて取り組む《大人の部活》の場合は、「市町村の認知度のアップ」といった目的もあります。
SNSでの活動報告が欠かせないものになってきているんですね。

中には、ただ食べたお菓子をSNSにアップするだけという活動内容の「おかし部」もあり、SNSの活用法は様々。

こうしたSNSを使って世のつながりを求めるというところも、学生時代の部活動との大きな違いと言えますね。

趣味が転じて部活に発展!
複数人数で趣味を共有するのってとても楽しいですよね。
友だち同士で発足する《大人の部活》も楽しいですし、住んでいる地域の《大人の部活》に参加することで、地域での交流を深めることにもつながりますよね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。