綺麗なママでいるために♡正しいケアで産前産後の肌トラブルを予防!

美容

産前産後は、女性ホルモンが不安定になるため、肌トラブルが起こりやすくなります。
正しいお手入れをし、キレイなママでいたいものです♡
そこで、簡単に実践できるお悩み別予防法を紹介します。

産前産後の肌トラブルを予防してきれいなママに♡①シミ対策

肌のお悩みで1番多いのが『シミ』

原因は、妊娠中胎盤を完成させるために活性化する黄体ホルモン。
黄体ホルモンは、メラニン色素の生成を促すため、シミができやすく、そばかすの色も濃くなることがあります。

妊娠中にできたシミは、通常、産後ホルモンが低下すると自然に消えることが多いですが、妊娠中にケアを怠るとそのまま残ってしまう場合があります。

シミを予防するには、“日焼けを防ぐこと!!”

日焼け止めはこまめに塗り直し、日焼けしたときは冷やしましょう。
紫外線の吸収を促進する物質「ソラレン」を含むそばや柑橘類などは、日中は食べないようにするのも効果的。

《ポイント》
・一年中日焼け止めは必須
・うっかり日焼けはとにかく冷やす
・ソラレンが多いものは夜食べる

産前産後の肌トラブル②乾燥

肌の潤いをつくる角質細胞の主成分のアミノ酸。
食物で摂取したタンパク質は、胃腸でアミノ酸に分解・消化され、新しい皮膚などの元になります。
つまり消化機能が落ちると肌の潤いが不足しがちになります。
また、乾燥した空気や熱いお湯でも、お肌の潤いは失われます。

乾燥予防として、
40℃以上のお湯は皮脂がとれてしまうので注意が必要!
洗いすぎも乾燥のもとです。
乾燥したらすぐに保湿しましょう。
身体が冷えないような食事は皮膚を丈夫するので、積極的に取り入れて。

乾燥による小じわについては、丁寧な保湿に加え、筋肉の緊張をほぐすマッサージも有効!
頭皮、耳まわり、顎と上から下にほぐしましょう。


《ポイント》
⚫︎カサついたら保湿!
⚫︎40℃以上のお湯は厳禁!
⚫︎身体を冷やさない

産前産後の肌トラブルを予防してきれいなママに♡③毛穴対策

毛穴は小さな皮脂腺がついた構造になっていて、その皮脂腺が発達して大きくなると、毛穴の出口が開き目立つようになります。
産後はホルモンバランスの変化で皮脂分泌が過剰になり、毛穴が気になることがあります。

予防として、洗いすぎや強い摩擦を避けること!マイナスになった皮脂を補おうと、かえって皮脂分泌を活性化します。そっと洗って保湿後に冷やすのがオススメです。

《ポイント》
・洗いすぎは逆効果
・適度に汗をかき、代謝をアップ
・刺激をしない

産前産後の肌トラブルを予防してきれいなママに♡④ツヤがないお肌の対策

肌代謝が悪く、顔全体の角質層が厚くなり淀んでみえる「角質肥厚」、血液やリンパの流れが滞る「血液不良」が主な原因。

予防としては、目の体操や頭皮のマッサージで血行を促すケアが効果的。髪を洗う前に頭皮を傷めない豚毛のブラシでブラッシングするのもよし。朝シャンは頭皮を冷やすので避けてください。

《ポイント》
・豚毛のブラシでブラッシング
・朝シャンNG
・目の体操

いかがでしたか?産前産後の肌トラブルの予防対策をご紹介しました。
美ママでいることは妊娠中からのちょっとしたケアが大切です!
いつまでもキレイなお肌でいられるよう、できることから始めていきましょう♡