アメリカ流ハロウィンの楽しみ方♡デコレーションの仕方について

インテリア

夏が終わり、段々と涼しくなってくると同時に、ハロウィンのことを考え始めたそこのアナタ♡
2015年は、装飾やスイーツなどにこだわって、本格的なハロウィンパーティーをしませんか?
凝っているようで実は簡単な、アメリカ仕込みのデコレーションをご紹介します!

アメリカ流ハロウィンのデコレーション①ジャック・オ・ランタン

出典:www.goodshomedesign.com

ハロウィンのかぼちゃと言えば、オレンジのものを想像しますよね。
でもなかなか日本では手に入れることが難しく、時々お花屋さんで見かけても小さめサイズだったり…。

玄関などに、小さいオレンジのかぼちゃをちょこっと置いておくだけでもとてもかわいいのですが、今年は少し違ったジャック・オ・ランタンに挑戦してみませんか?

オススメしたいのが、"Glitter Pumpkin"!
かぼちゃに、のりでグリッターを付けるだけで簡単にできるので、子どもと一緒に作業もできちゃいます。
スーパーで買えるえびすかぼちゃなどは、濃い緑色のものばかりですが、グリッターなら色を選び放題。

オレンジのグリッターを全体にデコレーションすれば、キラキラしたオレンジのかぼちゃができますし、そこに黒色でジャックオランタンの顔を書いてみても良いですね♡
文字を書いてみるのも良し、色々な種類のグリッターを用意して、カラフルなかぼちゃを作ることもできちゃいますよ!

アメリカ流ハロウィンのデコレーション②ハロウィンツリーを作っちゃおう♡

ツリーといえば、クリスマスツリーを想像するかもしれませんが、オーナメントをハロウィンカラーにするだけで、存在感のある立派なハロウィンデコレーションに仕上がります!

年末はただでさえ忙しくて、毎年クリスマスの準備になかなか着手できないママの皆さん。
アメリカ流ハロウィンツリーは、ハロウィンが終わったらササッとデコレーションをクリスマス仕様につけ換えるだけで、一気にクリスマスモードなれちゃうのでオススメですよ♡
クリスマス前のちょっとした手間が省けちゃって助かります。

実際このハロウィンツリーは、アメリカの家庭でよく見かけるのですが、あまりの可愛さに我が家でも取り入れています。
小さなツリーから大きなツリーまで色々ありますが、クリスマスっぽさを消す為にも、ハロウィンカラーのオーナメントでいっぱいにして楽しみましょう!

定番カラーのオレンジとブラックでいっぱいにするのはもちろん、上に魔女の帽子をのせたり、蜘蛛の巣に見立てた真綿を散らすと、一気にハロウィン感が増しますよ。

アメリカ流ハロウィンのデコレーション③Little spook (リトル・スクープ)

アメリカの家庭で見かけるハロウィンのデコレーション、"Little spook"(リトルスクープ)。

日本語では"ちっちゃいおばけ"という意味のデコレーションなのですが、よく見るとかわいい、でも知らない人は必ずと言って良いほど、びっくりしてしまうもの。
シーツでできているお化けは、作るのも飾るのも大変なのですが、小さいおばけだったら手間もかからず簡単なので、オススメです♡

<用意するもの>
・乾いたおしりふき1枚
・トイレットペーパーの芯
・小さめの風船(水風船くらいのサイズ)
・布用ボンドの様な、白いのり
・ハンドソープ
・黒い紙(おばけの目)
・はさみ

<作り方>
1. トイレットペーパーの芯を1/4切り落とす。
2. お皿の上にハンドソープを塗り、そこにトイレットペーパーの芯を立てる。
3. ふくらませた風船にもハンドソープを塗り、2のトイレットペーパーの芯の上に乗せる。
4. 深めのお皿に白いのりに出し、乾いたおしりふきを浸す。絞ったら、風船とトイレットペーパーの芯の上に被せる様にかけ、形を整える。
5. 目を貼る。
6. 一日乾かした後丁寧にお皿から持ち上げ、トイレットペーパーの芯を外し、風船を割って取り出す。

アメリカ流ハロウィンのデコレーション④ハロウィンのちょっとした飾りつけ、万能グッズはコレ!

やはりハロウィンの本場であるアメリカ、大きな庭だけでなく室内も細部までこだわって、デコレーションしています。
中でもお手軽で、子どもと一緒に飾り付けを楽しめちゃう万能グッズをご紹介します♡

①包帯
 植木鉢やゴミ箱、ちょっとした缶や瓶などにグルグル巻き付けて、目をちょこんとつけるだけで、いつもの家具を簡単にハロウィン仕様にチェンジできちゃいます。

②真綿
 きれいに、まるでクモの巣の様に広がる真綿は、ハロウィングッズとして大活躍してくれます!木綿の綿だと広がらないので、必ず真綿を使用してくださいね。

③LEDライト
 100円均一などで、気軽に手に入るLEDライトはとても優秀。ジャックオランタンの顔を切り抜いた画用紙を筒状にして、LEDライトに被せるだけで、床や壁に切り抜きが映し出されます。
 LEDライトは、先述の包帯のアイデアを応用することも可能。包帯を透明な瓶にまき、瓶にLEDライトを入れるだけで、優しい光のミイラお化けが完成♡

アメリカ流ハロウィンのデコレーションは、ダイナミックなものが多くなかなか真似しづらいのですが、その中でも簡単に取り入れやすいものをいくつかご紹介してみました。
手軽に、子どもと一緒に出来るものは、一緒に作って楽しんでください♡
ハロウィンパーティーで大活躍の定番お菓子や、ゲームなどもまた後日ご紹介します!