【夫婦のお悩みQ&A】仕事・家事・育児の大変さを夫に伝えるには?

パートで仕事を始めたら、家事や育児との両立が本当に大変……。でも、その大変さを夫が理解してくれない!手伝ってくれない!

そんなお悩みを抱える主婦の方も、少なくないのではないでしょうか。

目に見えない忙しさや大変さを夫に伝えるには、どうしたらいいのか。そして、家事や子育てを手伝って欲しい!

今回は、そんな夫婦関係のお悩みについてお答えします。

「家事や子育てと仕事の両立の大変さ……どうしたら夫に伝わりますか?」

娘が小学校に入って落ち着き、最近、パート勤務を始めました。

今までこなしていた子供の送り迎えやPTA行事、家事と育児にパートの時間が加わるので、少し主人にも家事を手伝って欲しいと思う時があります。

しかし、主人の帰りが遅いため、私の日中の忙しさを話しても、なかなか理解してもらえないようです。

何度か話をしても理解してもらえないことから、イライラして主人に当たってしまうこともあります。

目に見えない部分の忙しさや大変さについて、どのように夫に伝えれば、家事や子育てを手伝ってもらえるのでしょうか?

(30歳・パート)

【夫婦のお悩みQ&A】どうして夫にわかってもらえないのか?

私がどれだけ頑張っているのかを理解して欲しい。そうすれば、きっと家事や育児を手伝ってくれるはず!でもどう伝えたら良いのかわからない……ということですね。

そのお気持ち、よくわかります。誰でも、相手に自分の気持ちを理解してもらいたいですよね。

夫に大変さを理解させるためには、まず、その大変な状況を想像してもらう必要があります。しかし、大変な状況の話というのは、聞く側も大変なもの。

「子どもがギリギリで帰ってくるから、急いで送り迎えをして、仕事が終わればすぐに食事の用意をしなくてはならない」

「でも、同じパートの人が不慣れで早く上がれないから困る」

「今度はPTAの集まりにも出席しなくちゃいけないし、もう毎日本当に大変!」

このような愚痴を延々と聞かされた夫側は、「俺にどうしろっていうんだよ、帰れないから仕方ないだろ!」と思ってしまうのが本音……。

それでは、立場を変えて考えてみましょう!以下は、夫から大変さをアピールされたケースです。

「この前入った新人がとにかく使えない、部下に説教するのはもうウンザリだ!どいつもこいつも自分の頭で考えられないんだ。こんなに頑張っているのは俺くらいだ!」

そのような状況を想像してみても、うんざりしませんか?「説教しなければいいのに」と言い返してしまいそうな方もいるのでは……?

人の「自分は頑張っている」話というのは、相手にとってはつまらないもの。

自分の大変さ伝えることで、その状況を手伝ってもらおうとするのではなく、どちらか一つの目的に的を絞ってみましょう。

人間は、自分を理解してくれない人に対して否定的です。

そのため、夫に自分の大変さを伝えて理解してもらいたいのであれば、まずは夫の大変さや苦しみを理解した言葉をかけてあげることが大切。

でも、これが意外と難しいのです。

夫がどんなことに苦しんでいるかをきちんと理解し、把握していないと、「わかったようなことを言うな」と反感を買ってしまいかねません。

【夫婦のお悩みQ&A】夫に「手伝いたい」と思ってもらえる方法とは?

夫の大変さや苦しみを理解した言葉をかけるのは難しい……そんな時は、手伝ってもらおうとすることから実行してみましょう。

夫にイライラして当たってしまった時は、まず1〜2週間ほど静かに過ごしてください。その後、調子の悪そうなふりをします。

頭が痛い、お腹が痛いなど、なんでもOK!夫の注意を引きましょう。男は弱っている女性に敏感なので、そこを狙います。

夫「どうしたんだ?何かあったのか?」

夫が反応してくれれば、作戦成功!調子が悪いことを伝えましょう。

妻「実は最近PTAも忙しいし、仕事も子どもの送り迎えもあって体の調子が悪くて……。」

すると夫は無責任に、「PTAなんか休めばいいだろう」と言い出すはずです。ここはイラッとしそうなのをぐっと抑え、以下のように伝えてみてください。

妻「そうね。でも、子どものためにもPTAには行ってあげたいの。」

その後、「それに、あなたも毎日頑張ってるし。私も頑張らなきゃね!」と夫の頑張りを認める言葉と共に、けなげさを表現します。

これで夫はイチコロのはず!

「何か手伝えることはある?」と聞いてくれば、こっちのものです。夫でもできそうな簡単なことをお願いしてみましょう。

そして、やってもらえたら「助かったぁ〜♡」と盛大に感謝することも忘れずに。

これで「手伝いたい夫」の準備が完了!あとは、繰り返し盛大な感謝を行っていけばいいのです。

気持ちをわかってもらおうとするのは、とても難易度が高いことです。まずは「手伝いたい夫」の育成にトライしてみましょう!

この言葉は禁句!

悩みを解決し、より良好な夫婦関係を目指していくうえでは、注意すべきこともあります。

夫から「パートをやめればいいだろう」と言われると、「私が仕事をやめたら、生活が大変でしょ?」と言ってしまいがちです。

このセリフは、夫を大変傷つけます。事実であっても絶対に言ってはいけません。収入=男の価値だと思っておいてください。
いかがでしたか?

今回は家事や育児、仕事の両立に忙しい主婦の方のお悩み解決策をご紹介しました。

夫を男性として上手に立てて、円満に、気持ちよく助け合えるような夫婦関係を築いていきましょう♪

【夫婦のお悩みQ&A】相談フォームはこちら

夫婦の悩み 大変さ 夫に伝える 夫婦関係 悩み 仕事 家事 育児 夫婦相談 夫婦 パートナー

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

下木修一郎

夫の気持ちを知る男性夫婦カウンセラー。1000人を超える夫との関係に苦しむ妻たちの悩みを聞き解決へと導…

>もっとみる