夏の煮込み料理の定番♡「ラタトゥイユ」のアレンジレシピ♪

グルメ・レシピ

夏の煮込み料理と言えば、ラタトゥイユ♡
色鮮やかで爽やかなラタトゥイユは、おもてなしの1品にもピッタリ♪
バランス良く栄養を摂る事が出来、さらにはアレンジ力も抜群のラタトゥイユをご紹介します。

ラタトゥイユとは?

出典:img.allabout.co.jp

ラタトゥイユとは、フランス南部のニースで生まれた煮込み料理♡
玉ねぎやナス、ピーマンなどの夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒めて、トマトと香草で煮込む夏の定番料理です♪

似たお料理の一つとしてカポナータも有名ですが、カポナータは揚げ茄子をメインに煮込むイタリア料理。炒めて煮込むラタトゥイユはカポナータよりもあっさりしているので、どなたでも美味しく頂けるのが特徴です^^
次から、ラタトゥイユのレシピをご紹介します。

ラタトゥイユを作ってみよう♪

それではラタトゥイユの基本のレシピをご紹介します♡

鍋にオリーブ油(大さじ3)とにんにく(1かけ)のみじん切りを入れ、火にかけます。
そこに一口サイズに切った茄子やズッキーニ、ピーマンやパプリカ、タマネギや長ネギ、しいたけ、人参を加えて炒めます。

全体に油が回ったらトマト缶(1缶)とコンソメ(小さじ2)と醤油(小さじ1)を加えて、柔らかくなるまで煮込み、仕上げにハーブソルトや胡椒、砂糖で味を整えて完成☆

出来立てを頂くのも、冷やして頂くのもオススメです^^

ラタトゥイユはアレンジが効く!ソースとしても万能♡

出典:mslash.co.jp

ラタトゥイユの魅力は、そのアレンジ力♪
野菜料理としてはもちろん、メインの魚や肉のソースとしても大活躍してくれるのです。

オススメは白身魚のフライやチキンのパリパリ焼きなど、淡白であっさりとした旨味の素材に合わせること☆
シンプルなメインもラタトゥイユをソースとして使えばグッと華やかになるので、おもてなしレシピにもオススメのアレンジ方法です^^

ラタトゥイユのアレンジレシピ!カレーにも♡

ラタトゥイユは沢山の野菜をじっくり煮込んで旨味を引き出しているので、そのままカレーへとリメイクすることができます♪

残ったラタトゥイユにカレールウを溶いたり、カレー粉で炒めたお肉を加え再度煮込むだけで、アレンジの効いたラタトゥイユカレーの出来上がり。
トマトの酸味は程よく残り、夏にピッタリの爽やかカレーを簡単に楽しむことができるレシピですよ^^

いかがでしたか?
夏にピッタリの煮込み料理、ラタトゥイユのレシピとアレンジ方法をご紹介しました。
沢山作って毎日の食卓に役立ててくださいね^^