トラブル回避!ママ友とスッキリ過ごすコツ4つ

子育て・ライフスタイル

子育てに付き物な”ママ友付き合い”。
ネットやメディアにはママ友と揉めた、ママ友との付き合いが億劫でストレスに…などの悩みが溢れていますが、私が実際に出会うママ達はそんなトラブルとは無縁のママが多いのも事実。
今回は、そんな彼女達の上手なママ友付き合いを観察して導き出した、トラブル知らずのママ友付き合いのヒントを検証していきたいと思います。

ママ友トラブル回避のヒント①とにかく人間関係を分散させる

出典:www.heraldsun.com.au

お付き合い上手なママに共通しているのはなんといっても”同時に複数の人間関係がある”ということ。

例えば幼稚園ママでも、同じ幼稚園だけでなく学生時代の友達、社会人時代の友達という具合に沢山のグループと平行して友人関係を築いているのがポイントです。

そうすることによって例え一つのグループで気になる出来事があったとしても、そのことで1日頭がいっぱいになってしまうということがなく、ついつい嫉妬してしまったり他人と自分を比べたりしなくなるので比較的淡白な人間関係が築けるというのです。

私も現在そのセオリーに乗っ取り幼稚園、職場、その他趣味のママ友など出来るだけ沢山のママと接するようにしているからか、人間関係であまり悩まなくなりました。

ママ友トラブル回避のヒント➁「嫌われる勇気」を持つ

出典:www.amazon.co.jp

昨年大ヒットしたベストセラー「嫌われる勇気」。

他人の意見に左右されにくく、ぶれない自分軸を持つ大切さというのは、頭で解ってはいるものの会得するにはそれなりの経験が必要だったりもします。

ですが、こちらの嫌われる勇気を読んで「人間関係が楽になった」「人からどう見られているかが気にならなくなった」「人生で1番大事なことが何だか分かった」という意見を持つママが多く、ママ友付き合いにも有効だからかママ雑誌のみならず数多くの女性誌でも紹介されるほど。

1度読んでみると、強い心を保つヒントになるかもしれません。

嫌われる勇気

¥1,620

販売サイトをチェック

ママ友トラブル回避のヒント③長期的な視点を持つ

出典:buildingontheword.org

小学生以上のお子さんを持つママさん達から良く聞くのが、赤ちゃんや幼稚園時代にいくら仲良くグループでママ友付き合いをしていても、そのまま皆が皆小学生や中学生になるまでお付き合いを続けるとは限らない、というもの。

曰く、その当時はグループ内の常識やルールのようなものに逆らったりはみ出したりするのを異様に恐れていたのに、結局子供の成長と共にあんなに気にしていたママ友達とは疎遠になっていき、何故あそこまで周囲と合わせることに必死になっていたんだろう?という話をしてくれる先輩ママがとても多いのです。

先輩ママ達からのアドバイスは、あまり周囲のママ達の目を気にし過ぎて今しかない小さい子供の可愛さや成長を見逃すのは勿体無い!長期的な視点を持って、出来るだけ子供の成長を見守ってあげて欲しいというもの。

私も気を付けたいと思います。

ママ友トラブル回避のヒント④デール・カーネギーに倣う

出典:www.amazon.co.jp

ママ友だけではなく、人間関係をスムーズにする為にオススメなのがこちらの本。

経営者の殆どが読んでいると言われるこちらの本には、タイトル通り「人を動かす」方法というよりは基本的に知っておきたい人間関係を円滑に進めるコツが満載です。

書かれたのは遥か昔のことですが、現代にも十分通用する原則について非常に分かりやすく説明されており、人生を通じて大事にしたい教訓の宝庫とも言えるほど。

人の話に耳を傾ける、笑顔を絶やさない、そんな基本が何故大切なのかがじっくり学べる一冊です。

人を動かす

¥1,620

販売サイトをチェック

いかがでしたか?ママ友トラブル回避のヒントをご紹介しました。
ママ友付き合いがスムーズにいくと、本来の子育てに非常に良い状態で向き合うことが出来ますよね。
子供達も成長するにあたり避けては通れない人間関係。
この機会に1度じっくりと人間関係の基本について書かれた本を読んだり向き合ってみて、心地よく風通しの良いママ友付き合いが出来たら良いですね☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。