【プロ直伝】今からでも遅くない!"美脚"のためのセルフケア

美容

夏は、スカートにハイヒールを履いて出掛けたくなるものですね。

しかし、脚をかっこよく出すのに躊躇したことはありませんか?

露出が増えるこの時期からでも遅くない、美脚のためのセルフケアをご紹介します。

プロ直伝!美脚の為のセルフケア①ほっそり足首

足首、ふくらはぎ、太ももなど、人それぞれ綺麗になりたい部分は違いますよね。部分痩せをしたくても、体全体の流れをしっかり捉えなければ、結果が出にくいのです。

まずは、心臓から一番遠い足先から改善していきましょう。冷え症の方は、特に気を付けなければいけないポイントです。

また、見逃しやすいのですが、ダイエットが成功しない方の多くは足首が硬いようです。

足首が硬いと、骨盤の動きが悪くなり、血流が滞り代謝も少なくなります。

足首と骨盤は、体の構造上、連動しています。足首に柔軟性がないと、血流が悪くなるだけでなく、お尻に上手く力が伝わらずに、ヒップや内ももがたるむ原因にもなります。

足裏を地面につけたまましゃがんだり、立ち上がることはできますか?

足首の柔軟性は、美脚のみならず、ダイエットの鍵となります。

【美脚のためのセルフケア】

①足の指の間に手の指を挟み、痛気持ち良いくらいの強さで握って放してを数回、繰り返します。

②足先があたたまったら、くるぶしを意識しながら内回し、外回しをそれぞれ30回程度行います。

③イスに座り、足裏全体をゴルフボールでコロコロとマッサージする。

足裏のマッサージは、気持ち良いだけでなく、体全体の柔軟性を上げます。

柔軟性が高いほど消費エネルギーが高くなる、という研究結果も出ているので、ストレッチはダイエットに欠かせません。

プロ直伝!美脚の為のセルフケア②むくみ

脚が太いのは、そもそも太っているから仕方ないと諦めている方も多いのですが、ほとんどの方は、むくみをそのままにしているケースです。

むくみを放置していると、代謝が落ちて脂肪をため込み、冷えやすい体になります。そして、その冷え固まった脂肪は老廃物と結びつき、セルライトになります。

この状態では、どんなに頑張ってダイエットをしても、あまり意味はありません。

むくみは、その時だけの状態ではないので、しっかりとケアしてくださいね。

プロ直伝!美脚の為のセルフケア③お尻も脚の一部!

若い頃は、目に見える太ももの太さだけを気にしていましたが、年齢と共に、後ろ姿や他人からの見え方が気になりませんか?

つまり、お尻が垂れてしまい、より太ももを太くさせているのです。

お尻も脚の一部だと認識し、お尻のトップを高くすると、脚は3~5cm長くなります。

お尻が垂れる原因には、お尻の筋力が低下し、脂肪を支えきれなくなっていることが考えられます。

食事を減らすだけのダイエットのみでは、ヒップアップ効果は得られません。お尻を柔らかくし、衰えた筋肉を鍛えることで、垂れてしまったお尻をキュッと引き上げられるのです!

【ヒップアップケア】

①仰向けになり、膝を曲げて、かかとでお尻を左右交互に、脱力した反動で叩く。

②仰向けになり、膝を立て深呼吸する。息を吐きながら、かかととお尻をゆっくり持ち上げ、膝、腰、肩が一直線上になるようにし、15秒キープを10セット(骨盤抵筋群を意識しましょう)。

プロ直伝!美脚の為のセルフケア④目立たない所こそ重要!

脚のラインが美しくなったら、ヒールやサンダルを履いて出掛けたくなりますね。

ただ、うっかり忘れがちなのが、かかとのガサガサではないでしょうか。

冬や春はソックスで隠れていましたが、素足やストッキングでは隠しきれません。ストッキングの伝線や足裏の負担にもなるので、日頃からのケアが必要です。

足裏の角質ケアには色々な方法がありますが、削りすぎは皮膚に傷をつけたり、水虫の原因にもなります。

保湿効果を高め、ゆっくりとケアすることをおすすめします。

塩を用いることが多いスクラブですが、砂糖は塩よりも溶けやすく、肌への刺激が少なくて保湿効果が優れています。かかとやひざなどの硬い角質のほか、デリケートな顔にも使用できますよ。

【手作りスクラブ】

砂糖+はちみつ+オリーブオイル

材料を2:1:4の割合で混ぜるだけの簡単手作りスクラブです。

※オリーブオイルは、上質なエクストラヴァージンオイルを使用。保湿はもちろんのこと、肌荒れも抑制してくれます。

入浴後に体が温まったら、気になる箇所をくるくると、力を入れずにスクラブケアしてください。

肌はターンオーバーし、皮膚の奥から新しい細胞が肌の表面へと押し上げられてきます。

セルフケアでの角質除去は、健康な皮膚までも落としがちです。肌トラブルを起こさないためにも、最低でも10日はあけて使用しましょう!

サロンにいらっしゃる女性の大半は、脚についての悩みを抱えています。

時にはプロの手を借りたいところですが、美脚を意識した毎日の簡単なケアが一番大切ですよ!