一足早く素敵なツリーを♡上品なクリスマスツリーの飾り方のコツ

インテリア

クリスマスツリーを素敵に飾りたいと思っていても、飾りつけのバランスが難しくて、なかなか上手に飾ることが出来ない…という方も、沢山いらっしゃると思います。
今回は誰でも簡単に、クリスマスツリーを素敵に美しく作れる飾り方のコツをお話してまいります♪

クリスマスツリーの飾り方のコツ<1>サイズについて

購入するなら、やっぱりゴージャスに2メートルくらいのクリスマスツリーを♪と思う方も珍しくないと思います。当然、ツリーは大きければ大きいほどゴージャスになりますし、迫力も満点です。

しかし大切なのはバランス。2メートルを超える様な大きなクリスマスツリーは、吹き抜けのエントランスがあるような一軒家にはフィット致しますが、マンションでは圧迫感が出てしまうのです・・・。

又、通常の生活を圧迫しないサイズ感というのも大切なポイント。クリスマスだからと張り切って大きなツリーを飾ったはいいものの、動線が遮られ、暮らしにくくなってしまうのでは本末転倒です。

私はこれまでツリーを3回買い換えておりますが、そのどれもが「150センチサイズ」。マンション暮らしにフィットし、自分の身長よりも低いものということに拘ってこちらのサイズに落ち着いております。

自分の身長よりも低いツリーをチョイスしているそのわけは、上からバランスを見ながら均等に飾りやすいという点。脚立に昇って飾るのは正直大変ですよね。その為、無理なく飾ることの出来るこのサイズが気に入っているのです。

ご自身の身長が150センチ以下という方でも、自分の身長より10センチ高いくらいなら問題ありません。10センチ以上高い場合には、ツリーの高さを見直されることをお薦め致します。

クリスマスツリーの飾り方のコツ<2>一番最初にするのは…

さぁ、それでは実際にクリスマスツリーの飾り付けをしてみましょう♪まず最初にする事は、電飾を施すこと。電飾は使わないという方は、読み飛ばしてくださいね。

オーナメントの前に電飾を施す訳はズバリ!オーナメントの前に電飾が出ると、安っぽくフェイク感が出てしまうから。電飾を先に施し、ツリーの中に入れ込んでいくことで、上からオーナメントを飾ったときに内側から綺麗に光が発光するので、とても幻想的な雰囲気を演出することが出来ます。

電飾を全体的にバランスよく施したら、いよいよオーナメントの飾り付けです。オーナメントは、Lサイズ・Mサイズ・Sサイズの3サイズに分けて収納しておくと便利ですよ♡

まずはLサイズのオーナメントから、ランダムにバランスを見て配置します。この時、注意してほしいのが、自分で正面を決めないこと。

クリスマスツリーは立体であり、見る人の身長や角度によっても見え方が変わります。又、正面を決めてしまうとそこばかりに集中してオーナメントをぶら下げる結果になるため、重さもでてしまい、クリスマスツリーが前に傾いてしまうことも。その為、まんべんなくバランスよく飾ることがベストなんです♪

Lサイズの次にはMサイズ。その次にはSサイズという感じで飾っていきます。Sサイズのオーナメントは隙間を埋めるイメージで飾りつけしてくださいね。

クリスマスツリーの飾り方のコツ<3>足元のデコレーションで洗練度プラス

クリスマスツリーの足元は、どの様に隠されていますか?
ツリースカートなるものが隠すアイテムとして東急ハンズやロフトで販売されていますが、個人的にはあまりお薦めしておりません。

もっとエレガントでゴージャスに、そして洗練されたクリスマスツリーを完成させる為には、ボックスを足元に置くことが一番。

ダイソー等でもお洒落なボックスを見つけることは出来ますが、一番簡単なのは、自分が既に持っているボックスを使用すること。特にハイブランドのボックスは造りがしっかりしているので高級感も出ますし、ディスプレイがよりグレードアップします。

ボックスをあまり持っていないという方は、ハイブランドのペーパーバッグを並べるのもお薦めです。中にクリスマスプレゼントを仕込めば、ホームパーティーがより、盛り上がりますよ♪

クリスマスツリーの飾り方のコツ<4>高さを出して迫力UP♪

150センチのクリスマスツリーを使用しているとお話致しましたが、そうは言ってもやっぱり2メートル強の迫力は出したいもの。我が家では150センチのツリーを、約50センチの高さのテーブルに乗せてディスプレイを完成させています。

要は「上げ底」にするのです。

「だったら最初から背の高いツリーにすればいいのに」という声が聞こえてきそうですが、これにはちゃんとした訳があります。

自分より背の低いツリーは脚立に乗らずともオーナメントの飾り付けをする事が出来、全体をチェックしやすいのです。さらに、飾り付けるオーナメントは150センチ分で良いのです。

上げ底に使用しているテーブルは、我が家で普段使いしているカフェテーブル。それをクリスマスの時期のみ、お部屋の隅に移動させ、その上にツリーを飾ることで生活空間を圧迫せずにすみます。

又、2メートル強のツリーの足元にもオーナメントを飾るとお掃除のときなどに足がぶつかりやすく、オーナメントを落として割ってしまう危険性も。その点、上げ底にすることで足元はテーブルですから、邪魔にならず、簡単にお掃除が出来ます。でも、高さとゴージャス感はしっかり出るんですよ♪

如何でしたか?
クリスマスツリーを華やかにデコレーションするための飾り方のコツを幾つかお話させて頂きましたが、難しいことは何一つありません。
今まで上手に飾れなかったという方も、是非こちらの記事を参考に素敵に飾っていただければ嬉しく思います♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。