賛成?反対?「子供向けアプリ」使用時は親子のルール決めが大切!

子育て・ライフスタイル

私たちママの子供時代には存在していなかった「乳幼児向けアプリ」。子供の知育を育む内容で便利な一方、視力低下などの心配もつきものです。

こうした子供のスマホやタブレットの使用に関しては、賛否両論ありますが、あなたは賛成派ですか?反対派ですか?

まだ普及し始めたばかりだからこそ、小さいころから電子機器使用時のルール決めが大切です。子供向けアプリ使用時の注意点について、ご紹介します。

便利だけれど頼り過ぎはNG!みんなはどう使ってる?

最近普及してきている子供向けアプリ。皆さんは、育児の中で利用する機会がありますか?

「家事をする際、包丁や火などの危険なものに近づかせないために、アプリで遊ばせている」という意見も少なくありません。

新鮮な色使いで画面がパッパッと切り替わり、夢中になって遊んでくれるので、ママとしては非常に便利に感じますよね。

その一方で、「このままアプリに頼りきっていていいの?」という不安を感じている方も多いよう。

こうした問題には、どのように向き合っていけばよいのでしょうか。

スマホの使い方は「親子のコミュニケーション」を軸に考えるのが◎

あっという間に子供が夢中になるスマホアプリは、忙しいママにとって、育児の救世主的存在になりがちです。

だからといって、その存在に頼りっきりになってしまうのも考えものですよね。

スマホやタブレットなどの電子機器は、あくまで道具の一つにすぎない、と考えるようにしましょう。

使い方次第では、親子のコミュニケーションのきっかけになる優秀アイテムなんですよ♡

親子で一緒に操作をしたり、絵を完成させていくなどの共同作業ができるアプリを選び、コミュニケーションを重視した使い方を心掛けましょう。

「けじめ」をつけることに意味がある!

普及し始めてからの日が浅い、スマートフォンやタブレットなどの電子機器。

そのため、スマホが子供に悪影響を与えるのか、逆に良い影響を与えるのか……といった科学的な検証結果は、まだ存在していません。

だからこそ、「子育てに望ましくない使い方」を避け、各家庭でルール決めをし、けじめをつけることが大切なのです。

子供が楽しくて夢中になってしまうだけではなく、私たちママも、子育ての道具としてスマホに頼りきりにならないことも大切ですよ。

子供向けアプリを使用する際のおすすめルール① 時間制限を設ける!

各家庭でのルール決めが大切だとは言っても、「一体、どんな内容の決まりごとを作ればいいの?」と悩むママも多くいますよね。

最初に約束をしたいのが、時間制限を設けるということ。

「1回遊んだら終わり」や、「〇時になったら終了」などというように、お互いがはっきりと共有できるルールで時間制限を設けましょう。

子供向けアプリを使用する際のおすすめルール② 知育を育む内容を選ぶ

ただ楽しいだけの子供向けアプリで遊ばせるよりも、楽しみながら学べる内容のものがオススメです。

例えば、お絵かきアプリなどの親子で何かを作り上げる内容が良いですよ♪

子供向けアプリを使用する際のおすすめルール③ 一緒に操作する

「子供が集中して遊んでくれるから……」と、ついスマホやタブレットを渡し、自分は家事など別のことをしていませんか?

毎回でなくとも、親子で一緒に操作をする機会を意識的に作れると良いでしょう。

子供向けアプリを使用する際のおすすめルール④ ママがスマホに頼り切らないこと

ルール決めをしていたつもりでも、忙しさゆえに、どうしてもスマホを子どもに渡してしまう機会が増える……。

そんなダラダラした使い方を避けるためにも、ママ自身がスマホに頼り切りにならないよう、けじめをつけることが大切です♪

子供向けアプリを使用する際のおすすめルール⑤ メリハリをつける

忙しい日々の中、時間に余裕があるタイミングもありますよね。

そんな機会には、スマホを手放して、親子で一緒に遊ぶようにしてみましょう。

すると、スマホの使用に関してもメリハリが生まれ、「楽しい道具の一つ」になっていくはずです。

便利さゆえに、つい頼ってしまいがちな子供向けアプリ。

便利なものを利用するのは良いことですが、あくまで親子のコミュニケーションの道具の一つとして、割り切って使用することが大切ですね♪