マンネリ食卓に新顏プラス!今が旬の「新芽野菜」を食べよう♪

グルメ・レシピ

毎日たっぷり摂りたい野菜。でも、いつも手に取る野菜は同じものばかりで、レシピはマンネリ化……と、お悩みではありませんか?

そんな時は、今が旬で美味しい「新芽」の野菜を使ってみましょう。春が旬で、栄養満点!オススメの新芽野菜をご紹介します。

今が旬!「新芽」の野菜①毎日の食卓、マンネリ化していませんか?

毎日の生活で、旦那さんやお子さんには栄養たっぷりの食事を摂ってもらいたいもの。お料理を作るママにとって、野菜はたくさん使いたい食材ですね。

けれど、スーパーに買い出しに行くと、手に取るのはいつも同じ野菜……といったことになってはいませんか?

自分が料理がしやすいものを選んでいたり、どうしても目に留まるものが毎回同じ野菜であると、レシピも偏りがちになってしまいますよね。

そんな時にオススメなのが、春が旬の「新芽」野菜です。聞き慣れない名前であっても、実は栄養満点!美容にも良い野菜をご紹介します。

今が旬!「新芽」の野菜②ブロッコリースプラウト

まずオススメしたい新芽の野菜は「ブロッコリースプラウト」です。近年、注目度が高まり、名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。

ブロッコリーの新芽として発芽した、一見、カイワレ大根にも似たブロッコリースプラウトは、とにかく高いデトックス効果を持っています。

アブラナ科に豊富だとされる「スルフォラファン」と呼ばれる栄養素は、肝臓機能の調整に効果的。肝臓は体内の毒素や老廃物を排出し、デトックスを行う役割を果たしています。

送別会や歓迎会が増えるこの時期は、お酒などを飲む機会も多く、疲れがちな肝機能を整え、しっかりと体の毒素を排出していくことで、体調はばっちり!

老廃物をスムーズに流すことができていると、肌荒れの改善やダイエットにも繋がります。

野菜の栄養は消失しやすく、毎日摂らなければ効果は続かない、と言われることが多いのですが、スルフォラフォンのデトックス効果は一度摂取すれば3日は続く、とされているので、そこも魅力の一つですね。

今が旬!「新芽」の野菜②プチヴェール

一見、小さなキャベツのようにも見える「プチヴェール」は、芽キャベツとケールを掛け合わせて産まれた、アブラナ科の野菜です。

オススメのポイントは、葉っぱ部分だけでなく、芽の部分も食べられるという点。

ビタミンCやカロテン、鉄分、カルシウムが非常に豊富に含まれており、とても栄養価が高い野菜です。

糖度が高く、甘みがあるため、野菜特有の苦みをあまり感じずに食べられて、野菜嫌いなお子様にもオススメです。

見た目が薔薇のようで、お洒落なところも魅力的♪
また、1〜2分茹でるだけで、美味しくいただけると言う手軽さなので、ホームパーティーなどでも活躍しそうな野菜ですね。

今が旬!「新芽」の野菜③豆苗

2〜3月になると、スーパーで目にする機会が増える「豆苗」は、エンドウ豆から出た新芽の部分です。手に取りやすい価格で、さらには、再栽培ができることも大きな魅力です。

通常は、豆より上の芽の部分をカットして調理し、その後、豆が残っている根の部分を水に浸しておくと、新たな芽が伸びてきます。

収穫は1~2回でき、お子様と一緒に観察をしたりと、手軽な食育にも繋がるのは嬉しいところです。

豆苗は、栄養価も抜群!
ほうれん草を上回るβーカロチン、女性の健康や美肌作りには欠かせないビタミンB・K・葉酸なども豊富とのこと。

炒め物にしたり、サラダにしたりと使いやすく、癖がない豆苗は、この時期にぜひ手に取りたい野菜です。