24時間つきっ放し!冷蔵庫の電気代節約のコツお教えします♡

Gourmet / Recipe

一年中24時間稼働している冷蔵庫は消費電力の高い家電の一つ。
日々の生活でちょっとした工夫を習慣づければ節電につながります。
冷蔵庫の節電のポイントをご紹介致します!

芽衣
芽衣
2015.07.12

冷蔵庫の電気代の節約する工夫①壁との間隔をあける

出典:ctlg.panasonic.com

冷蔵庫は中を冷やすときに出た熱をまわりに放出しています。放熱部分が塞がって本体に熱がこもると余計な電気を消費してしまうので、冷蔵庫と周囲は5センチ〜10センチほどあけておくのがポイントです。

壁から適切な距離をおき、上に物を置かないことでも節電となります。

熱がこもらないように冷蔵庫との壁の間隔を空けておくことが重要です。

冷蔵庫の電気代を節約する工夫➁省エネカーテン

出典:tcgfp.closed.jp

冷蔵庫の内側に、厚手のビニールでできた「省エネカーテン」をつけて冷気を逃さないようにすることが電気代節約のポイントです。

省エネカーテンを付けると、開けている間に逃げていく冷気をカットできて庫内の温度を保てるので節電に効果発揮します。

100円ショップやホームセンターなどで購入できるので、ぜひ試してみてください(*^_^*)

冷蔵庫の電気代を節約する工夫③冷風が循環しやすいようにする

冷蔵庫内の温度を保つためには冷風を循環しやすくするのが電気代の節約のポイント。冷蔵庫に食品を詰めこむと冷気が庫内に行き渡らず効率が下がり、余計な電力を消費するようになってしまいます。

冷風口の前には食品を置かず、八分目以下を目安にすっきり納めましょう!

逆に冷凍庫はぎっしり詰めるほうがお互いに保冷して効率よく冷やせます。

冷蔵庫の電気代を節約する工夫④冷蔵庫の中を整理整頓

冷蔵庫の扉を開ける時間を短くするためにカゴやラックに食材を入れて取りやすくしましょう。同じタイプの食品をまとめたり、常に取り出しやすい庫内に整理整頓して置きましょう。

物の定位置を決めて探す時間を短くするのもポイントです。

また冷蔵庫にホワイトボードやメモを貼り中の食材を書き出しておくと、一目瞭然でお買い物も楽になりますよ♪

これから暑くなり電力消費をしやすくなる夏本番。
冷房や冷蔵庫などの電気代を少しでも節約するためにさまざまな工夫をしていきたいですね☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。