これもダメなの?!意外と知らない電子レンジの基本を再チェック♡

グルメ・レシピ

毎日のお料理に欠かせない電子レンジ♡
レンジの使い方なんて今更…と思われるかもしれませんが、レンジで加熱しても良い器や調理器具ってどんなものかご存知ですか?
危険を回避するためにも、知っているようで意外と知らない電子レンジの基本をご紹介します♪

平林玲美
平林玲美
2015.06.27

意外と知らない電子レンジの基本①電子レンジで使えるお皿って?

出典:store.shopping.yahoo.co.jp

電子レンジは基本的に耐熱性で、電波を通す器しか使う事が出来ません。耐熱ガラスやグラタン皿などの熱容器に加えて、一般的な陶器は電波を通すので電子レンジ加熱OKの器です♪

陶器のお皿にお料理を盛りつけておけば、そのままレンジにかけることが出来て温かいまま食卓に出せますよね。最近では陶器の器にレンジ用の蓋がついているものもあり、サランラップを使わずにすむので節約に♡

保存タッパーも耐熱のものが出ているので、温めて食べる常備菜は小分けにして耐熱タッパーにいれておくと分ける必要がなく便利です^^

意外と知らない電子レンジの基本➁電子レンジで使えないお皿は?

次は反対に、電子レンジで加熱してはいけないお皿を確認しましょう。基本的に耐熱ではないものと電波を通さないものがNGです。

たとえばプラスチックの器や漆器、ステンレス製のものやほうろう製のものも電波を通さないので使用できません。さらに注意したいのは竹製品。こちらは加熱すると変形してしまう可能性があります。

使用できないものをレンジで加熱すると火花が散ったり破損したりと危険なので、よく確認してから使用するようにしてくださいね。

意外と知らない電子レンジの基本③人気調理器具で電子レンジに対応しているメーカーは?

出典:www.amazon.co.jp

ちょっとした記念日やホームパーティーでは、煮込み料理やパエリアなどお皿に移し替えるよりお鍋ごと出した方が見栄えがします。ご自宅にあるフライパンやお鍋がレンジに対応していれば、事前に作っておいてもお出しする直前に温められるので便利ですね♪

人気調理器具の中でレンジ対応しているのは、ティファールやフィスラー、danchuなどステンレス製のもの。ティファールは取手もはずせて便利です。反対に、ストウブやルクルーゼ等はほうろう製なのでNGです。気をつけてくださいね☆

意外と知らない電子レンジの基本④電子レンジのワット数が分からないときは?

電子レンジによってはレシピ通りのワット数の設定がない場合もあります。そんな時の為に、是非ワット数の計算の仕方を覚えておきましょう♪これさえ分かれば、失敗することなくレシピ通りの仕上がりになります。

計算の仕方はとても簡単。まずはレシピのワット数÷自分のワット数を計算し、そこに時間を掛け算するだけ。
たとえば、600Wで5分と書かれたレシピを500Wのレンジで加熱したい場合は…
600÷500=1.2  1.2×5=6となり、6分加熱でレシピ通りの加減になります。

これを知っておくととっても便利♡簡単なので是非覚えていてくださいね^^

いかがでしたでしょうか?知っているようで意外と知らない電子レンジの基本をご紹介しました。
きちんと使えばとっても便利なレンジ♡
上手に使いこなして日々のお料理に役立てましょう^^

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。