嫉妬されるほど美人に魅せる♡エレガントな《美しぐさ》のコツ

家事に育児に仕事に、毎日忙しいママ。ついついやってしまいがちなのが、『バタバタと音を立てて早歩き』『待ち合わせの時の仁王立ち』などの、エレガントには程遠い振る舞いです。

ほんの少し意識するだけでグッとエレガントに見える『美しぐさ』で、周りのオンナ友達に差をつけましょう!

しぐさ美人の動作は〈無音〉かつ〈スローモーション〉

お目当てのお店を見つけた時、ついはしゃいで、勢いよく店内へ入っていませんか?

カバンを置く時、放り投げるように置いていませんか?

カフェでお茶をする時、カップをガシッとつかんで、1口飲んだらテーブルに無造作に戻していませんか?

美人で〈エレガント〉に見える人は、むやみに音を立てません。

歩く時は、姿勢よく、膝を伸ばして、優雅にゆったりと歩きます。どんなに重いカバンでも、そっと優しく静かに置きます。

カップは、手のひら全体ではなく、指先を揃えてふんわりと包むように持ち、戻すときは音を立てずに、静かにテーブルに置きます。

前者は、”バタバタッ”、”ドサッ”、”ガチャンッ”と、耳障りな音を出しますが、美人で〈エレガント〉に見える人の動作からは、ほとんど音が聞こえてきません。

耳障りな音が出る行動は、急いでいたり、興奮していたりと、目の前のことに夢中で、周りが見えていない時に取りがちです。

音を立てずに〈エレガント〉に見せるには、心の中でカウントするのがコツ。

1でカップに手を伸ばす、2でカップに指を添える、3でカップを真上に持ち上げる、4でカップを顔に近づける、5でようやく、カップに口をつける。

しぐさ美人は、音を立てずに、スローな動きでエレガントに”魅せる”のです。

待ち合わせは嫉妬されるくらい〈エレガント〉な立ち姿で

朝からバタバタと支度して、ようやく約束の時間に間に合った!

ホッと気が緩むとしてしまいがちなのが、仁王立ちになり、背中を丸めてのスマホ操作です。

姿勢が悪いうえに、二の腕が太く見え、お腹がポッコリと出て、実物よりも体が大きく見えてしまいます。

上半身は肩甲骨を近づけるようにして胸を張り、両脚は、体の前で小さくクロスさせるか、片方の膝を曲げて反対側の脚に沿わせるように立つと、体が一直線の《Iライン》となり、スタイルアップして見えます。

スマホを持つなら、頭は上げたまま腕を上げて、画面は顔の前でチェックしましょう。

その時もスマホをガシッと掴むのではなく、本体の下、3分の1あたりで指を揃えて、ふんわりと優しく支えるように持ちます。

待ち合わせの相手が視界に入ったら、すぐに気づいて手を振りましょう。相手は、「自分を待っていてくれたんだ!」と嬉しい気持ちになります。手を振る時も、指先を揃えて、耳の横で静かに、ゆっくりと振ってくださいね。

”体のまっすぐな《Iライン》を意識して、指先を揃えて、ゆっくりと動作する。”

これだけで、すれ違う人が振り返るほどエレガントな女性に見えるのです。

センターでなくても美しく魅せる【写真の撮られ方】

友人とランチの時、集合写真を撮ってSNSにアップする機会も多いですよね。写真を撮る時は、端へ行けば行くほど、実物よりも体が大きく見えてしまいがちです。

立ち位置が端でも、小顔でスタイルアップして見える写り方をお伝えします。

カメラに向かって少し斜めに立ち、カメラ側の肩を少し下げます。こうすると、肩幅が強調される真正面よりも身幅のサイズがコンパクトになります。

立ち位置はそのままで、顔を少しだけカメラに向けて、視線はしっかりとカメラ目線で。

やや斜め横の角度の顔は、頰から顎にかけての凹凸ラインが強調され、小顔効果がアップします。

鏡の前でどの角度がスリムに見えるか、色々なポーズを研究してみてくださいね。
オンナ友達に嫉妬される、周りと差がつく『美しぐさ』のコツをお伝えしました。

「普段は時間に追われて、余裕がない!」そんなあなたも、おしゃれしてお出かけする特別な日は、自分が美しく見える姿勢やしぐさで、心に余裕を持ちましょう。

指先に気持ちを込めて、ゆったりとした動きを意識するだけで、周りが嫉妬するくらい、美人で〈エレガント〉な女性になれますよ♪

美人 しぐさ コツ 仕草 エレガント 姿勢 ママ友 オンナ友達 写真(写真はインスタグラムより引用adrianalima_fanpage_jp)

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

大久保 美帆/美Powerプロデューサー

大久保 美帆(おおくぼみほ)

【肩書き】
美Powerプロデューサー

>もっとみる