【弁護士が答えるママのお悩み相談】夫の不倫の証拠に揃えるべきもの

子育て・ライフスタイル

弁護士が答えるママのお悩み相談。

今回は、「夫の不倫」に悩むママからのご相談です。

不倫の証拠として使えるものはどんなものなのか、弁護士がお答えします。

【お悩み相談】夫が不倫を……

夫が浮気をしているかもしれません。

それとなく聞いても、もちろん否定されて終わりました。

証拠としては、何を揃えるべきなのでしょうか?

(30代・事務職)

【弁護士の回答】必要なのは「肉体関係」を示すもの……小さな証拠の積み重ねも大切!

夫に浮気疑惑が生じた場合、夫やその不倫相手が不倫を認めれば話が早いのですが、仮に「不倫はしていない」と否定された場合には、証拠が重要となってきます。

不倫は、法的には「配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」とされていますので、これを直接的に証明できる証拠としては、

「ラブホテルに入っていく写真」
「裸の写真・動画」
「昨日の~~気持ちよかった」

といった、肉体関係を示すメール・LINE(ライン)のやりとり等がこれにあたります。

意外にも「裸の写真や動画」を保存している人は少なくないので、こういった証拠があれば相当強いです。

しかし、このような証拠がなくとも、

・仲睦まじい様子を示すメールやLINE

・一緒にどこかに宿泊したことを示す証拠(待ち合わせや泊りの約束を示すもの、2名が宿泊したことを示すクレジットカードや領収証等)

・肉体関係を匂わせる持ち物の発覚

など、小さな証拠でもこれを積み重ねることによって、「どうも肉体関係がありそうだ」と証明できる可能性もあります。

夫の浮気の証拠……具体的にどうやって使うの?

弁護士が依頼を受けて交渉する際には、「裁判になった場合は全ての証拠を出します」と示唆するだけで、通常、交渉段階では証拠の内容等を相手に伝えません。

したがって、仮に十分な証拠が集まっていなくとも、「裁判になったらまずい証拠が公表されるかも」と心理的な抑圧をかけることによって、「不倫の事実は認めるので裁判にはしないでください。」と相手に認めさせることも不可能ではありません。

配偶者の不倫や浮気の証拠を集めるために、勝手に携帯やスマホを覗いて、これを写真にとっておく行為も、裁判所の判断としては「証拠として使える」とされることが多いです。

交渉段階でも、証拠は多い方が交渉しやすいもの。

不倫の事実を追及することで証拠を隠されてしまう前に、できる限りの証拠を多数集めておく、というのも大事なことですね。

事前の相談がベスト!

決定的な証拠がないからと言って、諦めてしまう方もいるかもしれません。

しかし、先ほどご説明したように、小さな証拠を積み重ねることで肉体関係を証明していく方法もあります。

どんな証拠を集めるべきかについても、可能であれば事前に弁護士にご相談いただき、対策を練っておくのがおすすめです。

「夫の不倫」に悩んだ時の、用意しておくべき証拠についてお伝えしました。

皆さんからのお悩みも募集しております。

弁護士さんへの相談はこちらから☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。