やりすぎはNG!大人のパーティーメイクは「ちょい足し」がポイント♡

美容

忘年会や新年会など、何かとイベントが多くなるこれからの季節。普段のメイクとは少しイメージを変えて参加したいけれど、どんなメイクをすればいいか分からない!と悩んでる方はいませんか?
お仕事メイクや、普段のママメイクに「ちょい足し」するだけで、普段とイメージの違う華やかなメイクが完成します♡
どんな部分を「ちょい足し」するのがコツなのか、今回はそのポイントをご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2016.01.05

大人のパーティーメイクに「ちょい足し」①ベースはあくまでナチュラルメイク!

「今日は夜に集まりがあるから!」と意気込んで、日中からパーティー仕様のメイクをしているのでは、周りの人たちにも驚かれてしまいます。

パーティーであっても、ベースのメイクはあくまでナチュラルにしておくのがポイントです。

お仕事でも目立ちすぎず、きちんとした印象にも見えるブラウンのアイシャドーや、コーラル系のチークなどを使ってメイクをしておきましょう。

大人のパーティーメイクに「ちょい足し」②ボルドーのアイラインなら一気にパーティー仕様に♡

パーティーに向かう前には、普段のナチュラルメイクの上に「ちょい足し」するのがオススメ♡
まずは、アイメイクをパーティー仕様に変身させましょう。

既にブラウンのアイシャドーやアイラインを使ってメイクしてある目元に、リキッドタイプのボルドーカラーのアイライナーを使って「ちょい足し」をします。

黒目あたりから、目尻に向かって引くだけで、普段の印象とは違った仕上がりになりますよ。大人のパーティーメイクには、ボルドーカラーが程よいアクセントになるのでオススメです。

大人のパーティーメイクに「ちょい足し」③ハイライトは粒子の細かいラメ入りを選んで♡

出典:beauty.keepthewish.net

次に「ちょい足し」したいのは、ハイライトです。普段のメイクでハイライトを使う方も多いと思いますが、パーティーメイクをする場合には、粒子の細かいラメが入ったタイプがオススメですよ。

粒子が大きく、キラキラと輝くラメを目尻などにつけるメイクが流行りましたが、これを大人が取り入れてしまうと、少々野暮ったい印象に。なので、必ず粒子の細かいラメを選ぶようにしましょう。

ハイライトを入れる場所は、TゾーンとCライン、あごの下です。この3か所に輝きをプラスするだけで、グッと華やかな印象になりますよ♡

大人のパーティーメイクに「ちょい足し」④リップはベージュ系で引き算!ツヤ感プラスでイベント仕様に♡

最後にリップメイクをして、大人のパーティーメイクが完成です!

ここでは、つい赤のリップなどの目立つカラーを使いたくなってしまいますが、ベージュを使って引き算をするのが正解です。

あくまで主役は、目元のボルドーカラー。ハイライトでツヤ感もプラスしているので、最後まで足し算をしてしまうと、くどい印象になってしまいます。

普段使い慣れたベージュ系のカラーに、グロスなどでツヤ感を「ちょい足し」するだけで、充分華やかな仕上がりになります♡

控えめに、いつものメイクに「ちょい足し」をする。これが大人のパーティーメイクの極意です♪

パーティーやイベントとなると、ついつい派手なメイクをしたくなりがち。若い時にはただ派手なメイクでもOKですが、大人になった今、品があるかどうかは、とても大切なことですよね。
ポイントを絞り、いつものメイクに「ちょい足し」をするくらいの感覚が、美しさを引き立たせてくれますよ♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。