セックスレス夫婦にならないために~積極的にお互いを知ろう!〜

子育て・ライフスタイル

セックスレス夫婦にならないための対策シリーズ、今日は第3回目です。

夫婦の関係にとても大きな影響を及ぼすのが、セックスです。男女の性の違いを克服して、心も体も満たされる、幸せなセックスを目指していきませんか?

第1回はこちら

【セックスレス夫婦にならないための対策】女性がセックスをしたくない理由

体が疲れていたり、ストレスが溜まっているわけではなくても、女性が「セックスしたくない」と思う理由は、たくさんありますよね。

「ロマンチックなムードがなくて、急に誘われてもその気になれない」
「正直言って、あまり気持ちよくない」
「愛されてると感じられず、虚しさが残る」
「やっとその気になったら、すぐに終わってしまう」などなど……。

『セックスレス夫婦にならないために~ストレスでいっぱいな時の対策』はこちら

セックスレス夫婦にならないために~ストレスでいっぱいな時の対策

【セックスレス夫婦にならないための対策】こんなにも違う!オトコとオンナの性

このような不満は、男女の生理的な違いからくるものです。

まず、その気になるきっかけですが、男性は目から、女性は耳からといいます。

男性は、セクシーなものを見た途端にその気になりますが、女性は、パートナーとのロマンチックな会話や優しい言葉によってスイッチが入ることが多いのです。

また、統計によれば、オーガズムに至る時間は、男性は2分半であるのに対して、女性は13分。女性はなんと、男性の5倍も時間がかかるのです。

さらに、感じる部位にも大きな違いがあります。
女性は体全体に性感帯が散らばっていますが、男性は局部に1点集中しているのです。

【セックスレス夫婦にならないための対策】相手に伝えないと分からない

オトコとオンナは、生理的に何もかも違うのです。あまりにも違うので、お互いのことをよく知らない限り、本来かみ合うはずのないのが、セックスです。

ところが、女性は恥ずかしいという思いから、自分の思ったことや感じたことをなかなか相手に言えない方が多いのではないでしょうか。

すると、どうしたらいいのか分からない男性は、インターネットや雑誌から得られる歪んだ情報をもとに、ひとりよがりのセックスをしてしまいがちです。

もしあなたが、旦那様とのセックスに「愛がない」と思うなら、それは「女性の性についてよく知らない」だけなのかも知れません。

【セックスレス夫婦にならないための対策】満足のいくセックスで幸せな夫婦に

本来、男性には「女性を喜ばせたい」という気持ちがとても強くあります。

妻が自分とのセックスで心から満足してくれたと分かると、旦那様は内心とても喜び、あなたへの愛情がぐっと深まります。それだけでなく、自尊心が高まり、仕事や生活にも意欲が湧いてきます。

セックスで満足感があれば、その他の面で妻に不満があっても、あまり気にならなくなるかもしれません。

だから恥ずかしがらないで、あなたが「こうしてくれたら気持ちがいい」「こういう風にしてほしい」という素直な気持ちを、積極的に旦那様に伝えていきましょう。

お互いが気持ちのいいセックスをすることによって、夫婦の絆はより強くなり、結婚生活への満足度も高まること、間違いなしです。

いかがでしたか?セックスレス夫婦にならないための対策をご紹介しました。

幸せなセックスは、情緒面にも平安や喜び、活力をもたらし、心身の健康を増進させる働きがあります。積極的なコミュニケーションでお互いの性をよく理解しあい、二人で一緒に充実したセックスを心がけたいですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。