不器用な私を理解してくれる♡押切もえさんが涌井投手とゴールイン!

子育て・ライフスタイル

2016年11月1日、モデルの押切もえ(おしきりもえ)さんが、かねてから交際をしていた、千葉ロッテの涌井秀章(わくいひであき)投手と結婚したことを発表しました♡

交際からおよそ1年2カ月で結婚の運びとなったお二人の馴れ初めや、プロポーズについてご紹介します。

交際を開始したのは去年の9月♪

11月1日の結婚発表で、日本中を騒がせた押切もえさんと涌井秀章投手♡

気になるお二人の出会いは、2013年の冬だったのだそう。共通の知人の紹介で出会ったお二人は、同じ千葉県出身ということもあり、すぐに意気投合。

しかし、しばらくは恋愛関係ではなく、親しい友人として付き合っていたそうです。

そんなお二人の転機は昨年の9月、涌井秀章投手から告白をして、恋人となりました。

多忙を極める2人を後押ししたのは押切もえさんの手料理!?

夫である涌井秀章投手は、西武、ロッテでの通算12年で118勝を挙げている、球界を代表する右腕投手。

そして押切もえさんは、モデルとして活躍しながらも小説を執筆するなど、マルチな才能を開花させています。

そんな多忙な2人の交際を後押ししたのは、押切もえさんの手料理だったと言われています。

押切もえさんは、趣味で料理教室に通うほどの料理好き!

Instagramにも、度々料理の写真を載せているのですが、そのどれもが家庭的でありながらもオシャレで、男性の胃袋を掴むものばかりなんです♡

一方の涌井秀章投手は、地方遠征で会えない時には、押切もえさんに花を贈っていたそうです。

会えない時間が長くても、気持ちを通わせるお二人の関係。とても素敵ですよね。

プロポーズは「どんな時でもあなたの幸せを思い、第一に考えます。」

普通のカップルのように頻繁にデートができないお二人は、慎重に交際を重ね、ついにプロポーズの日を迎えます。

それが、交際開始からちょうど1年が経った、今年の9月1日でした。

都内の創作和食店で、なんと3枚もの便箋に綴った手紙を押切もえさんに手渡した涌井秀章投手。

「どんな時でもあなたの幸せを思い、第一に考えます。結婚してください」という言葉とともに、婚約指輪を渡したそうです。

押切もえさんにとって涌井投手は“不器用な私を深く理解して励ましてくれる人”

押切もえさんは、11月1日に結婚報告を直筆で発表されました。

その中で涌井秀章投手のことを、“不器用な私を深く理解して励ましてくれる人”と語っています。

また涌井秀章投手は押切もえさんのことを、

「彼女に出会えたことにより、新しい涌井秀章という人間に生まれ変われたと思っています。この先の人生において、私には彼女の力が必要で、一緒に歩んでいきたい大事な存在です。」

と語っています。

結ばれるべくして結ばれたお二人……♡とても素敵な会見内容ですね。

いかがでしたか?
忙しい中でも、お互いを思う気持ちで愛を育んだ押切もえさんと涌井秀章投手。

ますますお二人が活躍し、そして温かい家庭を築く姿が見られる日が待ち遠しいですね♡