入園・卒園シーズン到来♡知っておきたい「ママの服装」の違いって?

ファッション

3月に入り、そろそろセレモニーシーズンに向けて、準備を始めているママも多いのではないでしょうか?

「セレモニースーツは、1セット持っていれば大丈夫!」と思いがちですが、実は入園と卒園では、服装の概念が異なります。

入園と卒園に分けて、ママの服装の違いをご紹介します。

「入園」と「卒園」ママの服装の違い① スーツのカラーは明るめ or 暗め

出典:zozo.jp

同じセレモニーの席でも、心掛けておきたいのが、入園と卒園でのスーツのカラーの違いです。

《入園式》

入園式は、これから始まる新生活をお祝いする、非常におめでたい席。

新生活に胸を弾ませる子どもに華を添えるような気持ちで、華やかで明るく、そして爽やかな装いを意識しましょう。

ゆえに、選ぶカラーは明るいスーツが正解!

ホワイトでもOKですが、「入園の席で、なんだか浮いてしまいそう……」と心配な時は、ベージュを選びましょう。

全体的に明るいトーンでまとめると、入園の席にふさわしい装いに仕上がりますよ。

出典:zozo.jp

《卒園式》

卒園式は、園生活の終わりを締めくくる厳粛な場です。

お別れを意味する悲しい気持ちもあるため、明るいカラーや華やかすぎるイメージは避けた装いに仕上げるのが無難。

そんな卒園式で選びたいのは、控えめで上品なネイビーやブラックのスーツ。

全身を黒でまとめた"喪"を彷彿とさせる装いに仕上げる必要はありません。ソフトな印象に仕上げましょう。

「入園」と「卒園」ママの服装の違い② コサージュ選びにも一工夫を!

出典:zozo.jp

セレモニースーツには、胸元を飾るコサージュも必須アイテム。

入園式と卒園式では、コサージュも違ったものを使うと、またイメージを変えてみることができます。

《入園式》

入園式では、顔周りがパッと明るく見えるような、ベージュやライトグレーのコサージュがオススメです。

清潔感と爽やかさを兼ね備えたスタイルをイメージしておきましょう。

出典:zozo.jp

《卒園式》

もちろん、卒園式の際も胸元を飾るコサージュは必須です。

落ち着いた雰囲気がありつつもお祝いの席にふさわしい、ネイビーのコサージュがオススメです。

コサージュだけでなく、パールのネックレスなどで上品な着こなしに仕上げるのも良いでしょう。

「入園」と「卒園」ママの服装の違い③ 足元は軽やかなイメージが◎

出典:zozo.jp

《入園式》

入園式は春のイベントですが、実際はまだ気温が低く、肌寒く感じる日も多いですよね。

しかし、フォーマルなシーンでのタイツの着用は、雰囲気にそぐわないので基本的にはNGだと考えておきましょう。

軽やかで春らしいイメージの、ベージュのストッキングの着用がオススメです。

出典:zozo.jp

《卒園式》

卒園式も入園式と同じように、あまり重たい印象の足元はふさわしくありません。

ブラックやネイビーのスーツを選んだ時に、足元のベージュのストッキングだけがなんだか浮いているように思える……というのであれば、バランスを重視して、デニールの薄いストッキングタイプのブラックタイツの着用は良いでしょう。

あくまで、エレガントなイメージに見えるような足元を意識してくださいね♡

入園式と卒園式のママの服装の違いについて、ご紹介しました。

また、手にするバッグなどの小物も、色合いを変えるのがオススメです。

参加する席にふさわしい装いで、華を添えられるように努めたいものですね♡