食べ方を変えるだけで効果アップ!便秘解消を叶える食事の工夫とは?

美容

女性なら悩まされることも多い便秘……
苦しくなって、お薬に頼ったことがある方も中にはいるのでは?
でも便秘薬を飲むと、すっきりの代償に腹痛がきたり、そわそわしてしまったり……
そんな方に!あの食べ物の「食べ方を変える」だけ?!
もうお薬には頼らず、スッキリ便秘解消する方法をご紹介します!

榮樹実
榮樹実
2015.07.13

便秘は美容の大敵!

日常的なお悩みの一つ「便秘」。

そもそも便秘とは、体内で排出された不要な物が身体にとどまってしまう状態なので、苦しく身体が重くなるだけでなく、肌荒れや吹き出物、血流が悪くなることにより、むくみや冷えを招くことも……さらにはお腹がぽっこり出てしまって、この時期水着も着られない!なんてこともありますよね。

とにかく便秘は美容の大敵!
特に妊婦さんは便秘になりやすいといいますが、お薬も飲めず、どうしたらいいか分からない!ということもありますよね。

そんな方に、今までの食材をたった一工夫して食べるだけ!
こんな簡単な方法で?!という、薬に頼らずスッキリできる驚きの便秘解消法をご紹介します。

便秘解消が叶う食品① ホットヨーグルト

整腸作用の高いもの、というとすぐに浮かぶのが「ヨーグルト」。
毎朝の食事に取り入れている方も多いのではないでしょうか。
ヨーグルトには乳酸菌や善玉菌であるビフィズス菌が豊富に含まれているため、お腹の調子を整える効果がありますが、本気で便秘解消したい方は、さらに一工夫してみてください!

それは「ホットヨーグルトにして夜に食べること」です。
なんとヨーグルトは36~38度の人肌程度に温めることで、その善玉菌の身体への働きが何倍にも上がるため、より効果が出やすくなるのです。

方法は簡単!
①プレーンヨーグルト(150g程度)を耐熱容器に入れる
②電子レンジに入れ、500wで40秒~50秒程度温める
③お好みで、はちみつやきなこをプラスして食べるだけ!

プレーンヨーグルトを温めると少し酸味が出てくるので、気になる方は蜂蜜などを入れると美味しく、満足感も得られます。また温めることで体を冷やすことなく、腸の動きを妨害せずスムーズな排出へと促してくれます。ただし温める時間が長すぎると固まってしまったり、味が落ちてしまうので注意してくださいね。

ホットヨーグルトは夜食べることにより、睡眠中にカルシウムが体内の脂肪と結びつき、体の外へと排出しやすくしてくれます。このため夜に取り入れることによって、ダイエット効果も見込めるというわけです!

取り入れやすいヨーグルト。今まで食べていた方も一工夫することで、驚くほど便秘が解消されやすくなりますよ。

便秘解消が叶う食品② ダイコンはすりおろして汁まで!

デトックス効果が高いことで知られているダイコン。実は便秘にもとても効果的!

ダイコンに含まれている消化酵素「アミラーゼ」は、炭水化物の消化を促進し、便秘を改善するはたらきを持っています。またダイコンには便秘解消に重要な、食物繊維と水分が豊富に含まれています。このためとても効率的に腸へはたらきかけてくれるというわけです。その他にも「イソチオシアネート」という成分から、代謝アップやむくみ解消の効果も期待できるといわれています。

ポイントは、すりおろして汁まで全てを食べること。
ダイコンをすりおろすことで細胞が破壊され、身体への吸収率がアップしますが、このすりおろした時に出てくる汁には栄養素も一緒に流れ出てきているため、汁は絶対に捨てないでください!
せっかくのダイコンの栄養素、汁まで飲むことでしっかり吸収していきましょう★

ダイコンは加熱してしまうと上の効果がなくなってしまうため、生のままいただくこともポイントです。汁は辛みが強いため、カロリー控えめのドレッシングと他の野菜と和えたサラダとしていただいたり、納豆と合わせることでその他の栄養もばっちり、美味しくいただけるのでオススメです♪

便秘解消が叶う食品③ 冷えたままのご飯で!

便秘を解消するには、「きちんと食べる」ことも重要です。
便のカサを増さないことには、出るものも出てこないため、3食の食事をしっかりとることは便秘解消の基本となっています。

そんな食事の中でも主食となる「ご飯」。
その食べ方一つで、ぐっと便秘解消・ダイエット効果をあげてくれるのが、なんと「冷やごはん」のまま食べること。

ご飯を炊いて余ってしまった時や、お弁当に持って行った時など、冷ご飯に触れる機会も多いですが、電子レンジがあればチン!するのが当たり前の食べ方ですよね。しかし、便秘解消やダイエットをしたい方は、冷えたまま食べてみてください!

温かいご飯が冷めることによって現れる「レジスタントスターチ」は、小腸まで消化されずに運ばれる「難消化性でんぷん」と呼ばれるもの。“冷やす”ことで、ご飯のでんぷん質中のレジスタントスターチの量が増えるそうです。

血糖値を上げにくく、また噛む回数が増えるため満腹感も得やすくなるため、いつものご飯を冷やご飯として食べるというだけで驚きの効果が得られるのであれば試す価値アリ!一度冷やしたものを再度温めてしまうと、レジスタントスターチは壊れてしまうので注意してくださいね。

同様に、ジャガイモやパスタも、調理後冷ますことによってレジスタントスターチが倍増すると言われている、オススメの食べ物です。

いかがでしたか?
日頃から便秘に良い!といわれている食材でも、食べ方を一工夫するだけでさらに効果が上がります!どの食材も、この食べ方に変えただけで2~3kgの減量にもつながった!というデータもあるそうです。
便秘に悩む方、ダイエットをしたい!という方は、是非手軽に試してみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。