一手間が大事!ローズマリーの育て方と活用レシピ

グルメ・レシピ

「若返り・記憶のハーブ」とも呼ばれている【ローズマリー】
気分がすっきりする香りで、定番人気のハーブです。
そんなローズマリーのお家での育て方と活用レシピをご紹介します♪

ローズマリーの育て方と活用レシピ《1》品種と栽培法

引用:www.kneipp.jp

ローズマリーは、枝の育ち方により次のように種類が分かれています。

[立ち性]……枝がまっすぐ伸びるタイプ
[葡萄性]……枝が地を這うように伸びるタイプ
[半葡萄性]……やや横広がりに枝を伸ばすタイプ

それぞれの育て方は一緒ですが、小さいスペースで育てたい場合は「立ち性」、ベランダのハンギングバスケットで育てたい場合は「葡萄性」を選ぶと良いでしょう。

また、ローズマリーは発芽率が低く、収穫できるまで時間がかかるので、苗から育てる方法が一般的です。
植え付け時期は春と秋、収穫は植え付けから約1ヶ月後になります。
明るい日なたで育てましょう。

ローズマリーの育て方と活用レシピ《2》植え付け

使うコンテナは、深さ20cm以上の丸鉢。
ローズマリーは多湿を嫌うので、水はけの良い素焼きのものがおすすめです。

ー植え付けー
鉢に鉢底ネット、鉢底石を敷き、ハーブ用培養土を8分目まで入れます。
真ん中に植え穴をあけ、苗を植え付けます。
土をかぶせたら軽く手で押さえ、たっぷり水遣りをして植え付け完了です!

※プランターなどで複数植える場合は、株間を30cmあけてください。

ー水遣りー
土の表面が完全に乾いたら、たっぷり水遣りをします。
乾燥気味に育てます。

ー肥料ー
月に1回程度、追肥を施しましょう。

ローズマリーの育て方と活用レシピ《3》収穫

引用:www.yotsubako.com

ー収穫ー
植え付けから約1ヶ月後が収穫時期です。
ローズマリーは1年を通して収穫できます。
先端から7~8cmのところをハサミで切り取りましょう。
枝葉が込み合ってきたら収穫を兼ねて剪定し、形を整えます。
風通しを良くしながら、長く収穫を楽しみましょう♪

☆ローズマリーは生育旺盛なハーブなので、1~2年に1回植え替えが必要です。根が鉢に収まらなくなった年の春に、一回り大きな鉢に植え替えてください。

ローズマリーの育て方と活用レシピ《4》 おすすめオイルレシピ

最後に、香り高いローズマリーを手軽に楽しめる、ローズマリーオイルのレシピをご紹介します♪

【ローズマリーオイル】

{材料}
・ローズマリー(1枝)
・オリーブオイル(適量)
・ガラス瓶(1本)

{作り方}
①ガラス瓶を煮沸消毒して、よく乾かしておく。
②ローズマリーを水でさっと洗い、キッチンペーパーなどで水気を完全にふきとる。
③ガラス瓶にローズマリーを入れ、ひたひたになるまでオリーブオイルを注いでふたをする。
④一晩漬けておけば完成!

パンやパスタ、じゃがいも料理と相性抜群!
使うだけで風味を増してくれる便利なオイルです。

ローズマリーの育て方とその活用レシピをご紹介しました。
簡単に育てられて、料理はもちろん、美容にも使えるローズマリー。
ぜひ一度、お家で育ててみてはいかがでしょうか?